心より追悼の意を表します故偽防空ミサイル部隊経歴謎解同スパイ?元男組全解連?民商?日本共産党員不可思議経歴突然マイクで演説が東京新聞一面仕込み疑惑偽自衛官泥憲和氏

泥憲和氏自称元自衛官元陸自防空ミサイル部隊という謎と泥憲和氏のしばき隊や男組神戸支部長という論理的矛盾経歴の謎部落解放同盟より民主商工会、日本共産党員という不可思議な経歴また突然マイクを借りて集団自衛権反対演説するという事が東京新聞の一面になる仕込みの疑惑など自称元陸自元自衛隊員泥憲和氏経歴の嘘疑惑と暴力集団しばき隊や男組所属問題の正体とTwitter発言や集団的自衛権について検索から探し最近は泥憲和先生は講演会も引っ張りだこ、でもなぜか経歴が良くわかりませんですから 泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本泥憲和 元陸自街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和 東京新聞一面泥憲和 飛び入り演説一面記事泥憲和 経歴泥憲和 嘘泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和 反日泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 平和泥憲和 69年の平和泥憲和 70年の平和泥憲和 平和泥憲和男組神戸支部長泥憲和先生の真実を検証する泥憲和自衛官 泥憲和元自衛官泥さん集団的自衛権集団的自衛権泥泥憲和経歴泥憲和wi泥憲和嘘 泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日たかが内閣差別撤廃 東京大行進 The March on Tokyo for 泥憲和悪性リンパ腫心配泥憲和時代や歴史とは何か泥憲和悪性リンパ腫心配泥憲和体調心配泥憲和体調心配泥憲和プロフィール謎泥憲和余命心配泥憲和嘘?泥憲和経歴謎泥憲和 泥憲和様泥憲和さん泥憲和氏どろのりかず泥憲和泥憲和様泥憲和さん泥憲和氏どろのりかず泥憲和プロ市民?泥憲和日本共産党?泥憲和左翼?泥憲和正体謎泥憲和本泥憲和反日?元自衛官泥憲和?泥憲和日本共産党?自衛官泥憲和?元陸自?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本泥さん集団的自衛権反対 泥憲和集団的自衛権泥憲和大阪民主新報泥憲和街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和見せかけの平和防空ミサイル部隊?泥憲和慰安婦泥憲和男組神戸支部長かもがわ出版泥憲和集団的自衛権泥憲和プロフィール謎泥憲和余命心配泥憲和嘘?泥憲和経歴謎泥憲和自衛官?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本自衛官泥憲和?元自衛官泥憲和?泥憲和プロ市民?泥憲和元自衛官?泥さん集団的自衛権集団的自衛権泥泥さん集団的自衛権泥憲和自衛官?泥憲和元自衛官?防空ミサイル部隊?泥憲泥憲和自衛官?和集団的自衛権泥さん集団的自衛権泥憲和日本共産党?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本泥憲和経歴泥憲和経歴泥憲和wiki泥憲和嘘泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和男組神戸支部長泥憲和男組神戸支部長泥憲和wikiあざらしじいさん泥憲和(@ndoro19542566)泥憲和経歴謎泥憲和肩書謎泥憲和肩書疑惑泥憲和肩書泥憲和元陸自泥憲和謎泥憲和防空ミサイル部隊謎泥憲和経歴泥憲和嘘泥憲和慰安婦泥憲和余命泥憲和正体泥憲和男組神戸支部長泥憲和反日泥憲和元自衛官泥憲和左翼泥憲和wiki泥憲和2ch泥憲和元陸自M5175mm高射砲泥憲和かもがわ出版泥憲和しばき隊慰安婦泥憲和元自衛官いわゆる慰安婦泥憲和プロ市民時代の不幸泥憲和集団的自衛権MSN東京新聞 泥憲和-Bing安倍首相ら「日本」を取り戻せ! ! 泥憲和男組関西支部長男組神戸支部長泥憲和経歴泥憲和嘘? 泥憲和慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和正義の味方泥憲和 反日 泥憲和反差別運動泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和経歴泥憲和しばき隊泥憲和wiki泥憲和投票誘導?泥憲和正体泥憲和仕込み?泥憲和左翼泥憲和反日 泥憲和男組神戸支部長泥憲和余命心配泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和嘘泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和ebook 泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本泥憲和 元陸自泥憲和 69年の平和泥憲和 70年の平和泥憲和 平和泥憲和 平和泥憲和 集団的自衛権街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。東京新聞一面戦争法案反対泥憲和 東京新聞一面 集団的自衛権三要件泥憲和 飛び入り演説一面記事集団的自衛権集団的自衛権反対泥憲和 慰安婦泥憲和 元自衛官泥憲和 余命泥 憲和 左翼泥 憲和 正体泥 憲和wiki 元自衛官泥憲和泥憲和しばき隊泥憲和大阪民主新報泥憲和かもがわ出版東京新聞泥憲和泥憲和泥憲和正体元自衛官泥泥憲和左翼泥憲和経歴泥憲和反日泥憲和wiki 泥憲和余命泥憲和嘘泥憲和facebook泥憲和経歴泥憲和反日泥憲和wiki泥憲和余命 泥憲和嘘泥憲和facebook泥憲和正体泥憲和プロフィール泥憲和左翼 東京新聞元自衛官すごい説得力ー強烈な安倍首相批判=元自衛官泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本 泥憲和元陸自泥憲和経歴に関連する検索キーワード泥憲和wiki泥憲和左翼泥憲和正体泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本 泥憲和 元陸自街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和 東京新聞一面泥憲和 飛び入り演説一面記事泥 憲和 嘘泥憲和 経歴泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥憲和 反日泥 憲和 男組泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 経歴泥 憲和 嘘泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和 反日泥憲和 元自衛官泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和余命泥憲和反日泥憲和左翼泥憲和正体泥憲和wiki泥 憲和 wiki泥 憲和 左翼泥憲和 2ch泥憲和 元陸自泥憲和 かもがわ泥憲和 大阪民主新報泥憲和 しばき隊泥憲和 元自衛官泥 憲和 プロ市民泥憲和 集団的自衛権東京新聞 泥憲和泥憲和 経歴泥 憲和 経歴泥 憲和 嘘 泥 憲和 しばき隊泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 元自衛官泥 憲和 正体泥憲和 反日泥 憲和 男組泥憲和 余命泥憲和 慰安婦泥憲和 氏に関連する検索キーワードなどから検証するブログです  

タグ:泥憲和男組神戸支部長しばき隊泥憲和男組神戸支部長

どうしても、泥憲和先生の在籍証明がでません

写真とか公表されてはいかがですか?

かつての陸上自衛隊少年工科学校の卒業写真や

自衛官に配属されたときの、記念写真。

もう、紛失しましたか?

でも、何らかの形で在籍証明された方がよいかと思います。

では、失礼致します。

「この人 胡散臭いですよね 防空ミサイル部隊って 業界人なら 最初に どこそこの高射特科部隊で わかりやすく言えばミサイルを撃つ部隊です て言いそうですが、、、、、、自分もシャバの人に説明する時 若い時に居たのは 普通科と言い 歩兵になります〜 と前置きします」
コメントありがとうございます
「高射特科なのに、スカイスイーパーをL-90と答えたり、かつての陸上自衛隊少年工科学校卒なのに
トンプソンとM-1カービンの弾が、同じだの、64式とM-1で訓練だの、少しでも自衛官だったら、ありえない
間違いを、堂々としています、台風って問いかけても答えない、M-1小銃と64式小銃の、ある違いも
問いかけても答えません」

追記
通りすがり様
書き込みありがとうございます
まだ、泥憲和先生からお返事を頂いていないので
しばらく非公開にさせていただきます。
申し訳ありません。

明けましておめでとうございます・泥憲和先生。

相変わらず、プロパガンダ活動されていらっしゃいますか?

銃の知識も曖昧、「防空ミサイル部隊」なんて存在しない部隊にいらっしゃた。

不思議ですね。

陸上自衛隊少年工科学校といえば、エリートコース。

でも、部隊配備は一年未満で除隊。

集団的自衛権に反対、それも飛び込み演説。

なぜか、それが東京新聞一面、ご自身のFacebookに、正確に記載。

不思議ですね?

まあ、失礼致します。

いわゆる従軍慰安婦問題、貴方の主張に反論されている方は、無視。

自分は正義、絶対正しい、それに反する者は日本から出ていけ!

それは、差別で゜すよ泥憲和先生、また意見が違うと、レッテルを張り、やれ右翼だ歴史修正主義者だ。

都合のいい話ですね、例えば

「捏造 日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす北海道の会」が

「泥憲和さんの論文に対する考察」をネットで、示していますが、泥憲和先生は、全く無視。

ネットでも、私生活は存じませんが、反差別運動としょうして、暴力も辞さない、対話より実力行使、それをご都合主義と言わずとして、なんと言うべきか?


周りの、人達は貴方の信者、都合が悪い事は、黙る逃げる避ける、素晴らしいですね。


まあ、大体「防空ミサイル部隊」なんて存在しない、部隊にいらっしゃったのですから、時間も組織も超えた、超越神なんですか?


私は正しい、異論は受け付けない、それもレッテルを張り、日本から出ていけ。


男組なる、準暴力団の幹部、それが平和がどうのと、いい加減な話をし始める。


権利は平等、また異論、反論にはきちんと答えるのが筋でしょう?


mixiで、朝鮮とのハーフである、sigesige氏には、「あんな朝鮮左翼」なんて差別発言。


都合が悪いと、でっち上げの話を持ち出す、いわゆる従軍慰安婦の方の、証言なるものが間違っている、それなら、泥憲和先生が考えた、理屈であの部隊ではなくこの部隊なら、つじつまがあう。


もう、どういえばいいのかわかりません。


前にも、お聞きしましたが、泥憲和先生は、韓国語の読み書き会話が堪能ですか?


直接、いわゆる従軍慰安婦なる方々に、会って韓国語で話を聞きましたか?


そうでなければ失礼ながら「僕の考えた理屈は正しい」としか言いようがありません。


違う、法律をさも当然のように、持ち出して論破と言い出す。


証言が、間違っているから、勝手にこれはこうなら正しいと言い出す。


残念ですが、そういうことを、プロパガンダ活動と言うのですよ?


何か正しいふり、経歴もはっきりしない、正義の味方気取り、素晴らしいですね。


では、失礼致します。

最初は、法的対応まで言っていらっしゃったのに、急に泣き言めいた事を、言い出されるのはなぜでしょうか?
人間、有名になれば様々な意見がでます。

火をつけておいて、まるで急に消火に躍起になっているかんじがいたします。

陸上自衛隊少年工科学校卒で、高射特科地対空誘導弾ホーク中隊にいたという、証拠が示せるとおっしゃっていらっしゃたのに。

なんだか良くわかりません。

疑われたなら、証拠を提示して身の潔白を示すのも必要かと思います。

言うだけ言って、後は知らないというのは、あまり良くないと思います。

もし、何かの行き違いで間違った情報が掲載されたなら東京新聞に抗議されてはいかがですか?

世の中有名税と言いますが、やはり泥憲和先生は、時の人なのですがら、ネットの雑音など気にせず、堂々と証明して、周りの雑音を黙らせることも必要かと思います。

部隊や駐屯地、陸上自衛隊少年工科学校の当時の校長、カリキュラム。

最終的な、階級。

高射特科地対空誘導弾ホーク中隊の、どの要員であったか?

よろしければ教えてください。

疑惑はすぐに晴れますので。

では、失礼致します。

色々調べているのですが、泥憲和先生の陸上自衛隊員である、確実な証拠に、
当たりません、もしよろしければ。

泥憲和先生の在籍証明を皆さまの前でお願い申し上げます。

L-55とL-90の区別がつかなかったり
M1カービン
M1トンプソン
64式小銃
トミーガン
のことがごちゃまぜだったり
まあ自衛隊高射特科の地対空ホークミサイル部隊ならわかります
たださすがにホークミサイル発射要員ならこれは一種の技術者ですから
本人は発射訓練中は武装しません
あ、逆にホークミサイル自体一種のシステムですから
警護要員ならもちろん武装しています
けっこう手間隙かかりますから
レーダーからデータ処理目標確認、で発射ですが移動できるので移動要員もいますね
でも実射訓練していないなら
まあ、あんまり失礼ながら今じゃあ使えないですね
だから自衛官代表なんてよく言えると思います
あ、失礼勝手に東京新聞が記事にしただけですね
後、上手いのはツィッターの写真
ホークミサイルの影なんでホーク改かホークかわからないですね
ホークミサイルなんてもうすぐ退役ですから
泥憲和先生のお歳を考えると、即応予備自衛官でも予備自衛官でも予備自衛官補でもないですから
まあ単に元陸自って肩書で日本共産党員として活動されているだけですね
なかなか上手いですね日本共産党さんも

与論誘導はさすがに手慣れた者です

だけど、なんで院内統一会派組んで
法案阻止しないのでしょうか?

それがなぜ東京新聞の記事になるのでしょうか?不思議ですね

自分の気に入らない者を日本から叩きだせ!


ネトウヨCommentsAdd Star

編集

おんなじ思考回路


ネトウヨをCommentsAdd Star

編集

説得するのが先でしょう

なんだか本末転倒です。


訂正


加筆修正しました

ちょっと時間と暇がないので人様のブログを借りています無断リンクへの抗議がありましたら削除致しますCommentsAdd Star



http://ameblo.jp/kimagure-diary2011/entry-11655226562.html

ちょっと時間と暇がないので人様のブログを借りています無断リンクへの抗議がありましたら削除致します

最後に、まとめをしておこう。


2-1では、
糸川英夫氏の推薦文と共に小室直樹の天才ぶりを紹介した。

2-2では、国際政治に関する著作を紹介し、戦争及び
国際法を考える上で有用なことを示した。

2-3では、至高の名著の一つ
憲法原論を紹介し、盛んになっている憲法論議への

土台を提供してくれることを示した。


2-4~は、
山本七平の発見した日本教を分析した著作を紹介した。

日本人の行動原理、つまり
日本教は、昔も今も変わっていないことを示し、

現在でも通用することを示した。


2-9~は、
小室直樹による韓非子の現代的位置づけを紹介し、腐朽した官僚制の分析に役立つこと

を示した。



さて、こうした小室直樹の著作で一貫していることは何だろうか?


それは、「社会に存在する法則を、構造機能分析を用いて分析する」ということである。



「社会には法則がある」という大発見をしたのは、
マルクス先生。


それを人間疎外(Entfremdung)という言葉を使って表現した。


マルクス継承する小室直樹は、その法則を分析しようとした。

それには、種々の方法があるが、
小室直樹社会学で研究された、

構造機能分析(structual-functional analysis)を使った。


構造機能分析とは、社会を一つのシステムだと考えて、そのシステムの制御や、


要請された機能を達成するために必要となるシステム内部の構造変動を分析する
手法

当時の
社会学では、最先端の手法だった。



小室直樹は、この手法を使って、例えば、ソ連の崩壊を予言した。

ソ連崩壊を分析した論理は、以下の通り。

社会には法則があるのだから、過去と現在の状況を参照すれば(あるいは現在の状況だけでも)、


その法則に従って、未来を予測することができる。


そこで
ソ連を見てみると、ソ連の社会には要請されている機能があるけれども、それを達成できない

でいる。


それだけでなく、社会を統合する機能も失われてしまった。


そうしたら、わざわざ社会を構成する必要が無いため、崩壊するに決まっている。(社会構造の変

動)



これが構造機能分析による社会法則の分析。



喩えるとこうなる。


地球上で、日常的な物体を持ち上げて、そのまま手を離せば、落下する。

そして、落下の位置も予測できる。それは、重力という自然法則があるから。



これと同様に、
ソ連社会に存在する法則を分析し、その行く末を予測したというわけ。


かようにして、
小室直樹は、真に社会科学の王道を歩んでいた。

社会科学者の主張は、「社会には法則があり、それは分析できるのだ」ということ。

そして、その研究結果は、より良い社会を作るためにある、という認識がある。


社会法則を知らなければ、まともな
改革・制度設計はできないのだ。

ベーコン先生の考えを使って言うと、"scientia est potentia."(知は力なり)

それ故、
社会科学は、近代社会を営む欧米では、大変に重要視されている。

他方の日本は、前
近代社会中世国家なので、社会科学は軽んじられている。

社会を作り変えよう、という
作為の契機を欠いているから、社会科学は必要無いのだ。

「俺たちゃ、俺たちの気分で好きにやるんだよ」と。


この点、そこらの暴走族となんら変わるところはない。


小室直樹日本社会から排除されたのも、またむべなるかな。


しかし、そろそろ見直すべき時だろう。


小室直樹の著作の多くには、ソ連崩壊の予言同様、種々の予言がなされている。


それは、社会法則に従ったモデルを作り、そこから得られた
論理的な帰結である。

ただのヤマ感とは違う。


そこには、膨大な資源が投入されており、高度の論理が貫徹している。


それ故、用いられているデータや挙げられている事例は古くなっていたりするけれども、



その論理構造や部分的な理論は今でも通用する部分が多い。


これを活用しない手はない。しかも、日本人向けに書かれているのだ。


小室直樹の著作を読んで、その遺産を十分に活かそうではないか。

急げや、急げ。


"Dum loquor, hora fugit."(こうして話している間にも、時間は過ぎ去ってゆく)



それと、どうやら今月末に、小室直樹に関する本が出るようだ。

小室直樹の世界―社会科学復興をめざして」

副題の通り、
社会科学復興できたら、いずれ政治音痴も解消し、


日本は「
普通の国」に向けて大きな一歩を踏み出すことができるだろう。

↑このページのトップヘ