心より追悼の意を表します故偽防空ミサイル部隊経歴謎解同スパイ?元男組全解連?民商?日本共産党員不可思議経歴突然マイクで演説が東京新聞一面仕込み疑惑偽自衛官泥憲和氏

泥憲和氏自称元自衛官元陸自防空ミサイル部隊という謎と泥憲和氏のしばき隊や男組神戸支部長という論理的矛盾経歴の謎部落解放同盟より民主商工会、日本共産党員という不可思議な経歴また突然マイクを借りて集団自衛権反対演説するという事が東京新聞の一面になる仕込みの疑惑など自称元陸自元自衛隊員泥憲和氏経歴の嘘疑惑と暴力集団しばき隊や男組所属問題の正体とTwitter発言や集団的自衛権について検索から探し最近は泥憲和先生は講演会も引っ張りだこ、でもなぜか経歴が良くわかりませんですから 泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本泥憲和 元陸自街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和 東京新聞一面泥憲和 飛び入り演説一面記事泥憲和 経歴泥憲和 嘘泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和 反日泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 平和泥憲和 69年の平和泥憲和 70年の平和泥憲和 平和泥憲和男組神戸支部長泥憲和先生の真実を検証する泥憲和自衛官 泥憲和元自衛官泥さん集団的自衛権集団的自衛権泥泥憲和経歴泥憲和wi泥憲和嘘 泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日たかが内閣差別撤廃 東京大行進 The March on Tokyo for 泥憲和悪性リンパ腫心配泥憲和時代や歴史とは何か泥憲和悪性リンパ腫心配泥憲和体調心配泥憲和体調心配泥憲和プロフィール謎泥憲和余命心配泥憲和嘘?泥憲和経歴謎泥憲和 泥憲和様泥憲和さん泥憲和氏どろのりかず泥憲和泥憲和様泥憲和さん泥憲和氏どろのりかず泥憲和プロ市民?泥憲和日本共産党?泥憲和左翼?泥憲和正体謎泥憲和本泥憲和反日?元自衛官泥憲和?泥憲和日本共産党?自衛官泥憲和?元陸自?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本泥さん集団的自衛権反対 泥憲和集団的自衛権泥憲和大阪民主新報泥憲和街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和見せかけの平和防空ミサイル部隊?泥憲和慰安婦泥憲和男組神戸支部長かもがわ出版泥憲和集団的自衛権泥憲和プロフィール謎泥憲和余命心配泥憲和嘘?泥憲和経歴謎泥憲和自衛官?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本自衛官泥憲和?元自衛官泥憲和?泥憲和プロ市民?泥憲和元自衛官?泥さん集団的自衛権集団的自衛権泥泥さん集団的自衛権泥憲和自衛官?泥憲和元自衛官?防空ミサイル部隊?泥憲泥憲和自衛官?和集団的自衛権泥さん集団的自衛権泥憲和日本共産党?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本泥憲和経歴泥憲和経歴泥憲和wiki泥憲和嘘泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和男組神戸支部長泥憲和男組神戸支部長泥憲和wikiあざらしじいさん泥憲和(@ndoro19542566)泥憲和経歴謎泥憲和肩書謎泥憲和肩書疑惑泥憲和肩書泥憲和元陸自泥憲和謎泥憲和防空ミサイル部隊謎泥憲和経歴泥憲和嘘泥憲和慰安婦泥憲和余命泥憲和正体泥憲和男組神戸支部長泥憲和反日泥憲和元自衛官泥憲和左翼泥憲和wiki泥憲和2ch泥憲和元陸自M5175mm高射砲泥憲和かもがわ出版泥憲和しばき隊慰安婦泥憲和元自衛官いわゆる慰安婦泥憲和プロ市民時代の不幸泥憲和集団的自衛権MSN東京新聞 泥憲和-Bing安倍首相ら「日本」を取り戻せ! ! 泥憲和男組関西支部長男組神戸支部長泥憲和経歴泥憲和嘘? 泥憲和慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和正義の味方泥憲和 反日 泥憲和反差別運動泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和経歴泥憲和しばき隊泥憲和wiki泥憲和投票誘導?泥憲和正体泥憲和仕込み?泥憲和左翼泥憲和反日 泥憲和男組神戸支部長泥憲和余命心配泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和嘘泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和ebook 泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本泥憲和 元陸自泥憲和 69年の平和泥憲和 70年の平和泥憲和 平和泥憲和 平和泥憲和 集団的自衛権街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。東京新聞一面戦争法案反対泥憲和 東京新聞一面 集団的自衛権三要件泥憲和 飛び入り演説一面記事集団的自衛権集団的自衛権反対泥憲和 慰安婦泥憲和 元自衛官泥憲和 余命泥 憲和 左翼泥 憲和 正体泥 憲和wiki 元自衛官泥憲和泥憲和しばき隊泥憲和大阪民主新報泥憲和かもがわ出版東京新聞泥憲和泥憲和泥憲和正体元自衛官泥泥憲和左翼泥憲和経歴泥憲和反日泥憲和wiki 泥憲和余命泥憲和嘘泥憲和facebook泥憲和経歴泥憲和反日泥憲和wiki泥憲和余命 泥憲和嘘泥憲和facebook泥憲和正体泥憲和プロフィール泥憲和左翼 東京新聞元自衛官すごい説得力ー強烈な安倍首相批判=元自衛官泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本 泥憲和元陸自泥憲和経歴に関連する検索キーワード泥憲和wiki泥憲和左翼泥憲和正体泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本 泥憲和 元陸自街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和 東京新聞一面泥憲和 飛び入り演説一面記事泥 憲和 嘘泥憲和 経歴泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥憲和 反日泥 憲和 男組泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 経歴泥 憲和 嘘泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和 反日泥憲和 元自衛官泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和余命泥憲和反日泥憲和左翼泥憲和正体泥憲和wiki泥 憲和 wiki泥 憲和 左翼泥憲和 2ch泥憲和 元陸自泥憲和 かもがわ泥憲和 大阪民主新報泥憲和 しばき隊泥憲和 元自衛官泥 憲和 プロ市民泥憲和 集団的自衛権東京新聞 泥憲和泥憲和 経歴泥 憲和 経歴泥 憲和 嘘 泥 憲和 しばき隊泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 元自衛官泥 憲和 正体泥憲和 反日泥 憲和 男組泥憲和 余命泥憲和 慰安婦泥憲和 氏に関連する検索キーワードなどから検証するブログです  

タグ:泥憲和慰安婦泥憲和男組神戸支部長

色々調べているのですが、泥憲和先生の陸上自衛隊員である、確実な証拠に、
当たりません、もしよろしければ。

泥憲和先生の在籍証明を皆さまの前でお願い申し上げます。

様々な方面から、当たっているのですが、個人情報保護法の関係と、何故か記憶にないのか
「知らない」という返事ばかり、もう少し頑張ってみますね泥憲和先生。

訂正ばかりで申し訳ありません。

こんばんは泥憲和先生。

明日はちょうど、自衛隊の後方センターにまいります。

資料や色々お話が、聴けると思いますので、楽しみにしております。

おはようございます泥憲和先生。

日本共産党員として、プロパガンダ活動していらっしゃいますか?

体調心配しています、ご連絡いただければ、何かしら医学的な情報を

お伝えできるのですが。

ちょっと時間と暇がないので人様のブログを借りています無断リンクへの抗議がありましたら削除致します

続きCommentsAdd Star

編集

今回は、国内に焦点を当ててみよう。

読むべき本が多々あり、悩んだのだが、「日本人のための憲法原論」。

これが良いと思う。動画の中で、橋爪先生も薦めておられる。

最低でも10回くらいは読みたい著作だ。

憲法論議が盛んになっている現在、これほど適切な書物は他に中々見当たらない。

憲法とは一体何なのか?」

原理原則に遡り、本質的な部分だけを切り出して分析する、小室先生の真骨頂を見られるだろう。

小室先生の晩年の著作は、格調高い文章になっているので、

読んでいて清々しいのも特徴的だ。

個人的には、80年代の剛胆無比で蛮勇な著作も好きだが。


さて、著作の紹介に入ろう。

講義形式で進められており、大変分かりやすいのはもちろんのこと。

思わずドキッとするような質問を投げかけて来られたりして、

小室先生と対話をしているかのような臨場感を味わうことができる。

巷(ちまた)に溢れる憲法学の本なんかとは、雲泥の差である。


本書は歴史的な構成をとっている。。

それは、憲法が歴史的な所産だからだ。

憲法は、ある日、ある時、突如として現れたのではなく、長い時間をかけて、

諸々の現象が複雑に絡み合う中で生まれたきたもの。

だから、その本質を知ろうと思ったら、歴史を遡らなくてはならない。

憲法とはこういうものである、と分析的に定義を下すことはできるが、

それを知るだけでは、何も分かったことにはならないのが憲法

その背後にある、情勢や悲劇、希望、欲望など、そうしたものも同時に知らなければならないのだ。


類比を使って、書くとこうなる。

「日本人とは何か?」という問いに対して、「日本国籍を持っている人だ」と答えるのは簡単。

あるいは、「日本語を話す人だ」と答えるかもしれない。

でも、それでは何も分かったことにはならないのは明らかだろう。

日本人の本質を知ろうと思えば、やっぱり歴史を遡って行くしかない。

本書を通じて一貫した考え方は、憲法は生き物である、ということ。

憲法は生きているのか、死んでいるのか。

憲法の条文にどんな立派なことが書いてあったとしても、それが慣習として定着していなければ、

憲法は無いのと同じ。憲法は死んでいるということ。

この判定こそ、本書のアルファでありオメガであり、憲法学の最も根幹の部分である。

そして、生徒の「日本の憲法は死んでいるのか」という問いに対して、

小室先生は、日本の憲法は死んでいる、と断言する。

また、日本は、民主主義でも、資本主義でもなく、日本に憲法は無い。

日本のご臨終も間近であると言う。

では、日本の憲法民主主義を蘇らせるには、どうすればいいのか?

小室先生は答える。

「現実を直視しなさい」と。

最後に、丸山眞男の言葉で締めくくる。

民主主義をめざしての日々の努力の中に、初めて民主主義は見出される」。


以上が、本書の大まかな内容である。


日本は、民主主義であり資本主義である、なんてことは、小中学校の教科書の中だけのこと。

今や常識となりつつある。

議会もある、成文憲法もある、選挙もやっている。

でも、民主主義ではない。

これらがあるだけでは、民主主義ではない。

エジプトベネズエラなんかにもあるが、まさかこれらの国々を民主主義だという人はいないだろう。

日本も同様で、民主主義に必要な部品はいくつか存在するが、

根本的なものがいくつも欠けている(*)。

民主主義である、ということと、かなり民主主義に見えるということの間には、大きな壁がある。

これらの2つは、全く異なったものなのだ。

毫釐(ごうり)の差は千里の謬(あやま)りの一例。

カール・シュミットの言う中性国家(neutraler Staat)なんて、夢のまた夢。

そんなのは妄想の領域に近い。

中世国家としてなら、実現しているのだが。

民主主義どころか、それよりずっと手前、自由主義の段階にすら達していない。

安倍首相を筆頭とする、超国家主義者(2-4参照)が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)しているのを見れば明らか。

不支持率が7割か8割くらいでもおかしくないと思うが、現実は全く逆だった。

何とも不思議な光景である。普通の民主主義諸国ではありえないことだろう。

憲法を蘇らせるには、まずは、この現実を認識することから出発するしかないのだ。

そのためにも、小室直樹博士の著作を読み返そう。

博く之れを学び、審(つまび)らかに之れを問い、慎んで之れを思い、

明らかに之れを弁じ、篤く之れを行う (「中庸」第20章)。


因みに、本書の姉妹編「憲法とは国家権力への国民からの命令である」が7月に再刊になった。

本書は、「憲法原論」だが、姉妹編は「日本国憲法」に絞ってある。

より現実に近い内容。

こちらも参照するのが良いだろう。

訂正


加筆修正しました


ちょっと時間と暇がないので人様のブログを借りています無断リンクへの抗議がありましたら削除致します


続きCommentsAdd Star

編集

今回は、お待ちかねの宗教に焦点を当ててみよう。

知る人ぞ知る「日本教社会学」。

動画の中で、宮崎哲弥氏も感慨深げに語っている。

小室直樹と仲が良かった、山本七平氏との共著。

現在の日本の状況を考えるのに、良い補助線になるはずだ。

こんな本を書くことができるのは、小室直樹をおいて他にいないだろう。

小室直樹は、どこからどう見ても、大天才。

小室直樹が天才でないのであれば、一体誰が天才なのか、教えて欲しいくらいだ。

一世紀のうちに何人もいないような、そんな天才。

数学物理学社会科学一般だけでなく、神学まで研究している。

超一流の理論家である一方、現実にも強い関心を寄せている。

使える言語も、著作から読み取れる範囲では、英語・フランス語ドイツ語ラテン語ギリシャ語

その上、漢籍にも通じている。

普通の人間にはこんなことできない。

それだけでなく、学問に必要な霊感も持っていた。

全く違う世界が見えていたはずだ。

それ故、小室直樹の著書は、他の追随を許さない発想力、分析力を持っている。

小室直樹の天才ぶりを紹介するのは、ひとまずこれくらいにしておこう。


本書は、「日本教」の概念の社会学的・神学的な基礎付けを行ったもの。

日本教」は、神に選ばれた人間である山本七平の天才的な閃きによって発見したもの。

ところが、山本七平は、はっきり言って学問のある人ではない。

山本七平の著書に書いてある内容は、面白く、よく分かる。

そこで、いざ現実に応用してみようとすると、途端に壁にぶつかる。

概念の規定が正確に為されていないため、それをどう使っていいのか分からないのだ。

「ハテ?こういう場合は、どうなるのだろうか?」と思うこと百遍。

例えば、「空気」という概念。

一体全体、「空気」の醸成は、どのような過程で起こるのか?

あるいは、「空気」の社会学的な意味とは何だろうか?など。

また、山本七平の著書には、体系性が無く、それぞれの概念同士の関連もよく分からない。

つまり、理論的な基礎が全く無いのだ。


そこを補完しようとしたのが、小室先生。


山本学の真髄「日本教」という概念がある程度分かると、様々なことがすっきりと分かる。

例えば、丸山眞男の「超国家主義者」に関する分析。(「超国家主義の論理と心理」)

丸山眞男のモデルもまた、大変わかりにくい。

文章は巧みなのだが、その論理がまことに掴みづらい。

誤解している人も、山のようにいる。

だから、一読、三読して理解できなくても気にしなさんな、お若いの。

しかし、「超国家主義」を「日本教」、「超国家主義者」を「日本教徒」と置き換えてみると、

あっという間に理解できてしまう。

アラ、不思議。

因みに、この分析のエッセンスは、以下の通り。

戦前の日本には、欧米で言うような ultra-nationalist というのは、存在しなかった。

日本では、国家的なものと私的なものとが分離しておらず(つまり国家の領域が確定していない(*))、

本来の国家主義(nationalism)など存在しなかった。

だから、それを「超える」もなにもないし、超国家主義などというものは存在しなかった。

超国家主義者の正体は、実は、そもそも原理原則や主義などを持たない人々だった。


というもの。

これを機に、読んでみてはいかがだろうか。

戦前と変わらない光景に驚くかもしれない。

↑このページのトップヘ