心より追悼の意を表します故偽防空ミサイル部隊経歴謎解同スパイ?元男組全解連?民商?日本共産党員不可思議経歴突然マイクで演説が東京新聞一面仕込み疑惑偽自衛官泥憲和氏

泥憲和氏自称元自衛官元陸自防空ミサイル部隊という謎と泥憲和氏のしばき隊や男組神戸支部長という論理的矛盾経歴の謎部落解放同盟より民主商工会、日本共産党員という不可思議な経歴また突然マイクを借りて集団自衛権反対演説するという事が東京新聞の一面になる仕込みの疑惑など自称元陸自元自衛隊員泥憲和氏経歴の嘘疑惑と暴力集団しばき隊や男組所属問題の正体とTwitter発言や集団的自衛権について検索から探し最近は泥憲和先生は講演会も引っ張りだこ、でもなぜか経歴が良くわかりませんですから 泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本泥憲和 元陸自街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和 東京新聞一面泥憲和 飛び入り演説一面記事泥憲和 経歴泥憲和 嘘泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和 反日泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 平和泥憲和 69年の平和泥憲和 70年の平和泥憲和 平和泥憲和男組神戸支部長泥憲和先生の真実を検証する泥憲和自衛官 泥憲和元自衛官泥さん集団的自衛権集団的自衛権泥泥憲和経歴泥憲和wi泥憲和嘘 泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日たかが内閣差別撤廃 東京大行進 The March on Tokyo for 泥憲和悪性リンパ腫心配泥憲和時代や歴史とは何か泥憲和悪性リンパ腫心配泥憲和体調心配泥憲和体調心配泥憲和プロフィール謎泥憲和余命心配泥憲和嘘?泥憲和経歴謎泥憲和 泥憲和様泥憲和さん泥憲和氏どろのりかず泥憲和泥憲和様泥憲和さん泥憲和氏どろのりかず泥憲和プロ市民?泥憲和日本共産党?泥憲和左翼?泥憲和正体謎泥憲和本泥憲和反日?元自衛官泥憲和?泥憲和日本共産党?自衛官泥憲和?元陸自?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本泥さん集団的自衛権反対 泥憲和集団的自衛権泥憲和大阪民主新報泥憲和街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和見せかけの平和防空ミサイル部隊?泥憲和慰安婦泥憲和男組神戸支部長かもがわ出版泥憲和集団的自衛権泥憲和プロフィール謎泥憲和余命心配泥憲和嘘?泥憲和経歴謎泥憲和自衛官?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本自衛官泥憲和?元自衛官泥憲和?泥憲和プロ市民?泥憲和元自衛官?泥さん集団的自衛権集団的自衛権泥泥さん集団的自衛権泥憲和自衛官?泥憲和元自衛官?防空ミサイル部隊?泥憲泥憲和自衛官?和集団的自衛権泥さん集団的自衛権泥憲和日本共産党?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本泥憲和経歴泥憲和経歴泥憲和wiki泥憲和嘘泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和男組神戸支部長泥憲和男組神戸支部長泥憲和wikiあざらしじいさん泥憲和(@ndoro19542566)泥憲和経歴謎泥憲和肩書謎泥憲和肩書疑惑泥憲和肩書泥憲和元陸自泥憲和謎泥憲和防空ミサイル部隊謎泥憲和経歴泥憲和嘘泥憲和慰安婦泥憲和余命泥憲和正体泥憲和男組神戸支部長泥憲和反日泥憲和元自衛官泥憲和左翼泥憲和wiki泥憲和2ch泥憲和元陸自M5175mm高射砲泥憲和かもがわ出版泥憲和しばき隊慰安婦泥憲和元自衛官いわゆる慰安婦泥憲和プロ市民時代の不幸泥憲和集団的自衛権MSN東京新聞 泥憲和-Bing安倍首相ら「日本」を取り戻せ! ! 泥憲和男組関西支部長男組神戸支部長泥憲和経歴泥憲和嘘? 泥憲和慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和正義の味方泥憲和 反日 泥憲和反差別運動泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和経歴泥憲和しばき隊泥憲和wiki泥憲和投票誘導?泥憲和正体泥憲和仕込み?泥憲和左翼泥憲和反日 泥憲和男組神戸支部長泥憲和余命心配泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和嘘泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和ebook 泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本泥憲和 元陸自泥憲和 69年の平和泥憲和 70年の平和泥憲和 平和泥憲和 平和泥憲和 集団的自衛権街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。東京新聞一面戦争法案反対泥憲和 東京新聞一面 集団的自衛権三要件泥憲和 飛び入り演説一面記事集団的自衛権集団的自衛権反対泥憲和 慰安婦泥憲和 元自衛官泥憲和 余命泥 憲和 左翼泥 憲和 正体泥 憲和wiki 元自衛官泥憲和泥憲和しばき隊泥憲和大阪民主新報泥憲和かもがわ出版東京新聞泥憲和泥憲和泥憲和正体元自衛官泥泥憲和左翼泥憲和経歴泥憲和反日泥憲和wiki 泥憲和余命泥憲和嘘泥憲和facebook泥憲和経歴泥憲和反日泥憲和wiki泥憲和余命 泥憲和嘘泥憲和facebook泥憲和正体泥憲和プロフィール泥憲和左翼 東京新聞元自衛官すごい説得力ー強烈な安倍首相批判=元自衛官泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本 泥憲和元陸自泥憲和経歴に関連する検索キーワード泥憲和wiki泥憲和左翼泥憲和正体泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本 泥憲和 元陸自街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和 東京新聞一面泥憲和 飛び入り演説一面記事泥 憲和 嘘泥憲和 経歴泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥憲和 反日泥 憲和 男組泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 経歴泥 憲和 嘘泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和 反日泥憲和 元自衛官泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和余命泥憲和反日泥憲和左翼泥憲和正体泥憲和wiki泥 憲和 wiki泥 憲和 左翼泥憲和 2ch泥憲和 元陸自泥憲和 かもがわ泥憲和 大阪民主新報泥憲和 しばき隊泥憲和 元自衛官泥 憲和 プロ市民泥憲和 集団的自衛権東京新聞 泥憲和泥憲和 経歴泥 憲和 経歴泥 憲和 嘘 泥 憲和 しばき隊泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 元自衛官泥 憲和 正体泥憲和 反日泥 憲和 男組泥憲和 余命泥憲和 慰安婦泥憲和 氏に関連する検索キーワードなどから検証するブログです  

タグ:泥憲和先生

なんだか、時代や歴史の問題ですが、
例えば、東アジアでは、中華が、世界の中心、柵封だの朝貢だの、歴史的に、長いが古い統治システムが続きましたが。
日本が、ペリーの砲艦外交で、開国を迫られ、かつ様々な、国々が日本に接近し圧力を、加え結局江戸幕府は、不平等条約と、江戸時代の金と銀の価値の違いから、日本の金が外国に、不当な形で流出しましたが、なんだかんだで、日本も新しい統治システムに、なりそこから、古い統治システムの国々と、一見不可解な、軋轢が生まれてしまいます。
征韓論も、所詮は書式の誓い、外交文章で日本はかわりましたが、友好しましょう、という国書を李氏朝鮮側が、大日本帝国皇帝(以外と長く国書では天皇ではなく皇帝だったんです)という事に、皇帝って中華の皇帝だろうが、なんでおまえらみたいな小さな島国が、皇帝なんて、言うのか!と突き返してきたのが、発端に、過ぎません。
まあ、日本の事情、朝鮮の事情が、不幸にもぶつかった訳ですが、統治システムって、ややこしいですね泥憲和先生。
また、当時の東アジアの中心、大清帝国、(大清が正しいですが便宜上)
が威嚇の為に、長崎に清国北洋艦隊を、帰港させ水兵と警察が、衝突した長崎事件が起き
続きを読む

今の時代から、過去を見ると、確かに不思議な事になりますが。
泥憲和先生は、mixiでも慰安婦なる方々の証言を、証言が間違っているから、○○部隊が○○部隊なら、つじつまが合う、なんて無理矢理こじつけて、いらっしゃいましたが、それはあまりにも無茶苦茶と、私はいわざるを得ません。
果ては、論破とかで論文なる、ものをネットで公表されていらっしゃいますが。
資料を、つぎはぎに、混合し、あれがこれなら、これがあれなら、なんて論文でしょうか?
泥憲和先生の「僕が考えた慰安婦問題なる作文」としか言いようが、ありません。
確かに身売りは、どこの国でも、あった時代、日本でも、東北大飢饉で、身売りをせざるを、得ない方々が、いらっしゃったのは、確かですが、当時役場に「娘さんを身売りされる前に役場にご相談ください」というような、掲示がされたくらいですから。
貧しさや、様々な事情で、身売りされた方々は、いらっしいましたが、時代の不幸としか言いようがありません。
また、慰安婦の方々に、謝罪しろ、だの名誉回復、と言っても、歴史に謝罪ができるのでしょうか?
また、村山政権の肝煎りで、作ったアジア女性基金、なる団体が、懸命に謝罪や補償していますが?

続きを読む

色々、読みにくくて申し訳ありません。

なにせ国語の成績が悪かったもので

訂正は、ゆっくり続けますのでご了承ください。

体調良くないのですか?とても心配しています、こちらは、清々しい秋空ですが
関西は、わかりません。早く良くなるように、明治神宮にお参りしています。
あ、日本共産党は宗教にうるさかったですね、でも私ができるのは、それぐらいですのでご了承ください泥憲和先生。

最近はネットでも、あまりお見かけしませんのでたいへん心配しています、早く元気になって、でたらめなプロパガンダ活動を続けてほしいと願っています。

今や時の人、凄いですね本安倍首相から「日本」を取り戻せ!、まで出発されて、大阪民主新報の記事、東京新聞一面、少年工科四年、謎の防空ミサイル部隊一年未満なのに、信じる方々は、たくさんいらっしゃいますし、本の出発なんてなかなかできませんよ。
慰安婦問題では、あれがこれならで、解説、私にはまねできません。
経歴も謎だし、正体不明でも、謎の飛び入り演説で、皆さん納得される
天賦の才ですね。
でも、少年工科時代の同期生は、現れないし、防空ミサイル部隊なんて、自衛隊に、存在しないし、謎だらけ、でもプロ市民として、プロパガンダは一流、mixiではほかの日本共産党員の方から、わが党は、自衛隊を認めていないから困るとか
続きを読む

話が二転三転していますね

もう少し泥憲和先生の様々な資料見直します

色々忙しいので申し訳ありませんが後になります

訂正しました

結局、占領下にGHQが作らせた改正日本国憲法であり国民の総意で、できていません、少なくとも、サンフランシスコ講和条件で独立を果たしてやっと、日本国民は一部主権を取り戻しました、残念な事にその時日本国民は、GHQから解放されたようするに二重権力下という異常自体に押し付けられた憲法を本来国民の意思で決定すべきでしたしかし日本国民はGHQ憲法を無意識に受け入れ自らの手で憲法改正を怠った
泥憲和先生、はどう思いますか?



朕深ク世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セムト欲シ茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク
 朕ハ帝国政府ヲシテ米英支蘇四国ニ対シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ
 抑々帝国臣民ノ康寧ヲ図リ万邦共栄ノ楽ヲ偕ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々措カサル所曩ニ米英二国ニ宣戦セル所以モ亦実ニ帝国ノ自存ト東亜ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ他国ノ主権ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス然ルニ交戦已ニ四歳ヲ閲シ朕カ陸海将兵ノ勇戦朕カ百僚有司ノ励精朕カ一億衆庶ノ奉公各々最善ヲ尽セルニ拘ラス戦局必スシモ好転セス世界ノ大勢亦我ニ利アラス加之敵ハ新ニ残虐ナル爆弾ヲ使用シテ頻ニ無辜ヲ殺傷シ惨害ノ及フ所真ニ測ルヘカラサルニ至ル而モ尚交戦ヲ継続セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラス延テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ斯ノ如クムハ朕何ヲ以テカ億兆ノ赤子ヲ保シ皇祖皇宗ノ神霊ニ謝セムヤ是レ朕カ帝国政府ヲシテ共同宣言ニ応セシムルニ至レル所以ナリ
 朕ハ帝国ト共ニ終始東亜ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ対シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス帝国臣民ニシテ戦陣ニ死シ職域ニ殉シ非命ニ斃レタル者及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ五内為ニ裂ク且戦傷ヲ負イ災禍ヲ蒙リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ朕ノ深ク軫念スル所ナリ惟フニ今後帝国ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所堪へ難キヲ堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス
 朕ハ茲ニ国体ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ若シ夫レ情ノ激スル所濫ニ事端ヲ滋クシ或ハ同胞排擠互ニ時局ヲ乱リ為ニ大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如キハ朕最モ之ヲ戒ム宜シク挙国一家子孫相伝ヘ確ク神州ノ不滅ヲ信シ任重クシテ道遠キヲ念ヒ総力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏クシ誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ爾臣民其レ克ク朕カ意ヲ体セヨ

 御名御璽

昭和二十年八月十四日
 内閣総理大臣 男爵 鈴木貫太郎
 海軍大臣 米内光政
 司法大臣 松阪広政
 陸軍大臣 阿南惟幾
 軍需大臣 豊田貞次郎
 厚生大臣 岡田忠彦
 国務大臣 桜井兵五郎
 国務大臣 左近司政三
 国務大臣 下村宏
 大蔵大臣 広瀬豊作
 文部大臣 太田耕造
 農商大臣 石黒忠篤
 内務大臣 安倍源基
 外務大臣兼大東亜大臣 東郷茂徳
 国務大臣 安井藤治
 運輸大臣 小日山直登

さてdoronikazuは私のペンネームですから
貴方が日本共産党員なのは、mixiで知っていますまあ、お体大丈夫ですか?
不思議でもなんでもない工作員として活動頑張ってください
でも日本共産党なら院内統一会派作りましょうよ
お体お大事に泥憲和先生正々堂々闘いましょう

WikipediaCommentsAdd Star

編集

ですら書いてあるけれど

第3次防衛力整備計画(昭和42年度~昭和46年度) 昭和46年度末の実績では、自衛官17万9千人、

備自衛官3万6千人、基幹部隊として5個方面隊及び13個師団、ホーク部隊4隊の体制が確立された。CommentsAdd Star


自称ではミサイル部隊要員として青森に配属される。本人曰く、思うところがあって除隊。ミサイル部隊


アメリカにおける発射訓練の前であった。


ミサイル部隊要員?


階級は何だったのでしょうか?



訂正


加筆修正しました

不思議に感じる事CommentsAdd Star

編集

「売られてもいない他人の喧嘩に、こっちから飛び込んでいこうというんです。

それが集団的自衛権なんです。」


泥憲和氏はなんでも反差別運動に関わっていらっしゃるようですがCommentsAdd Star

編集

売られてもいない喧嘩を泥憲和氏が、自分で買っていないのでしょうか?



訂正


加筆修正しました

↑このページのトップヘ