心より追悼の意を表します故偽防空ミサイル部隊経歴謎解同スパイ?元男組全解連?民商?日本共産党員不可思議経歴突然マイクで演説が東京新聞一面仕込み疑惑偽自衛官泥憲和氏

泥憲和氏自称元自衛官元陸自防空ミサイル部隊という謎と泥憲和氏のしばき隊や男組神戸支部長という論理的矛盾経歴の謎部落解放同盟より民主商工会、日本共産党員という不可思議な経歴また突然マイクを借りて集団自衛権反対演説するという事が東京新聞の一面になる仕込みの疑惑など自称元陸自元自衛隊員泥憲和氏経歴の嘘疑惑と暴力集団しばき隊や男組所属問題の正体とTwitter発言や集団的自衛権について検索から探し最近は泥憲和先生は講演会も引っ張りだこ、でもなぜか経歴が良くわかりませんですから 泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本泥憲和 元陸自街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和 東京新聞一面泥憲和 飛び入り演説一面記事泥憲和 経歴泥憲和 嘘泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和 反日泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 平和泥憲和 69年の平和泥憲和 70年の平和泥憲和 平和泥憲和男組神戸支部長泥憲和先生の真実を検証する泥憲和自衛官 泥憲和元自衛官泥さん集団的自衛権集団的自衛権泥泥憲和経歴泥憲和wi泥憲和嘘 泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日たかが内閣差別撤廃 東京大行進 The March on Tokyo for 泥憲和悪性リンパ腫心配泥憲和時代や歴史とは何か泥憲和悪性リンパ腫心配泥憲和体調心配泥憲和体調心配泥憲和プロフィール謎泥憲和余命心配泥憲和嘘?泥憲和経歴謎泥憲和 泥憲和様泥憲和さん泥憲和氏どろのりかず泥憲和泥憲和様泥憲和さん泥憲和氏どろのりかず泥憲和プロ市民?泥憲和日本共産党?泥憲和左翼?泥憲和正体謎泥憲和本泥憲和反日?元自衛官泥憲和?泥憲和日本共産党?自衛官泥憲和?元陸自?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本泥さん集団的自衛権反対 泥憲和集団的自衛権泥憲和大阪民主新報泥憲和街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和見せかけの平和防空ミサイル部隊?泥憲和慰安婦泥憲和男組神戸支部長かもがわ出版泥憲和集団的自衛権泥憲和プロフィール謎泥憲和余命心配泥憲和嘘?泥憲和経歴謎泥憲和自衛官?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本自衛官泥憲和?元自衛官泥憲和?泥憲和プロ市民?泥憲和元自衛官?泥さん集団的自衛権集団的自衛権泥泥さん集団的自衛権泥憲和自衛官?泥憲和元自衛官?防空ミサイル部隊?泥憲泥憲和自衛官?和集団的自衛権泥さん集団的自衛権泥憲和日本共産党?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本泥憲和経歴泥憲和経歴泥憲和wiki泥憲和嘘泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和男組神戸支部長泥憲和男組神戸支部長泥憲和wikiあざらしじいさん泥憲和(@ndoro19542566)泥憲和経歴謎泥憲和肩書謎泥憲和肩書疑惑泥憲和肩書泥憲和元陸自泥憲和謎泥憲和防空ミサイル部隊謎泥憲和経歴泥憲和嘘泥憲和慰安婦泥憲和余命泥憲和正体泥憲和男組神戸支部長泥憲和反日泥憲和元自衛官泥憲和左翼泥憲和wiki泥憲和2ch泥憲和元陸自M5175mm高射砲泥憲和かもがわ出版泥憲和しばき隊慰安婦泥憲和元自衛官いわゆる慰安婦泥憲和プロ市民時代の不幸泥憲和集団的自衛権MSN東京新聞 泥憲和-Bing安倍首相ら「日本」を取り戻せ! ! 泥憲和男組関西支部長男組神戸支部長泥憲和経歴泥憲和嘘? 泥憲和慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和正義の味方泥憲和 反日 泥憲和反差別運動泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和経歴泥憲和しばき隊泥憲和wiki泥憲和投票誘導?泥憲和正体泥憲和仕込み?泥憲和左翼泥憲和反日 泥憲和男組神戸支部長泥憲和余命心配泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和嘘泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和ebook 泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本泥憲和 元陸自泥憲和 69年の平和泥憲和 70年の平和泥憲和 平和泥憲和 平和泥憲和 集団的自衛権街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。東京新聞一面戦争法案反対泥憲和 東京新聞一面 集団的自衛権三要件泥憲和 飛び入り演説一面記事集団的自衛権集団的自衛権反対泥憲和 慰安婦泥憲和 元自衛官泥憲和 余命泥 憲和 左翼泥 憲和 正体泥 憲和wiki 元自衛官泥憲和泥憲和しばき隊泥憲和大阪民主新報泥憲和かもがわ出版東京新聞泥憲和泥憲和泥憲和正体元自衛官泥泥憲和左翼泥憲和経歴泥憲和反日泥憲和wiki 泥憲和余命泥憲和嘘泥憲和facebook泥憲和経歴泥憲和反日泥憲和wiki泥憲和余命 泥憲和嘘泥憲和facebook泥憲和正体泥憲和プロフィール泥憲和左翼 東京新聞元自衛官すごい説得力ー強烈な安倍首相批判=元自衛官泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本 泥憲和元陸自泥憲和経歴に関連する検索キーワード泥憲和wiki泥憲和左翼泥憲和正体泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本 泥憲和 元陸自街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和 東京新聞一面泥憲和 飛び入り演説一面記事泥 憲和 嘘泥憲和 経歴泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥憲和 反日泥 憲和 男組泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 経歴泥 憲和 嘘泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和 反日泥憲和 元自衛官泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和余命泥憲和反日泥憲和左翼泥憲和正体泥憲和wiki泥 憲和 wiki泥 憲和 左翼泥憲和 2ch泥憲和 元陸自泥憲和 かもがわ泥憲和 大阪民主新報泥憲和 しばき隊泥憲和 元自衛官泥 憲和 プロ市民泥憲和 集団的自衛権東京新聞 泥憲和泥憲和 経歴泥 憲和 経歴泥 憲和 嘘 泥 憲和 しばき隊泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 元自衛官泥 憲和 正体泥憲和 反日泥 憲和 男組泥憲和 余命泥憲和 慰安婦泥憲和 氏に関連する検索キーワードなどから検証するブログです  

タグ:泥憲和元自衛官謎

ホークミサイルCommentsAdd Star

編集

http://wiki.ju.edu.jo/ja/articles/ホ/ー/ク/ホーク_(ミサイル).html

https://ja-jp.facebook.com/norikadzu.doro/posts/331946086956229


https://twitter.com/ndoro4


あざらしじいさんアンチヘイト泥憲和 (@ndoro4) | Twitter



http://www.amazon.co.jp/安倍首相から「日本」を取り戻せ-泥-憲和/dp/4780307201CommentsAdd Star


ホーク (ミサイル)

ホワイトサンズ・ミサイル実験場博物館に展示されるMIM-23 HAWK

MIM-23 ホーク(MIM-23 Hawk - Homing All the Way Killer)は、アメリカ合衆国レイセオン社が開発した地対空ミサイルである。1950年代末に開発され、現在でもNATO各国で採用されている。

目次

概要

装填・輸送装置により発射機に装填されるミサイル
ホーク地対空ミサイル発射の瞬間

ホークの開発はセミアクティブ・レーダー誘導方式の中距離地対空ミサイルとして、1952年よりアメリカ陸軍にて研究が開始された。1954年7月ノースロップ社がレーダー火器管制装置・発射機の、レイセオン社がミサイルの開発業者として選定された。1956年6月に試作ミサイルXASM-A-18の試射が行われている。1957年までに概ね開発が完了し、アメリカ陸軍には1959年から、アメリカ海兵隊には1960年から導入が開始されている。

順次改良が行なわれ、現在では、改良を行なった改良ホーク(Improved HAWK)が使用されている。改良に際して当時の最新技術を取り入れ、有効空域の拡大、迎撃可能目標の拡大、撃墜率、信頼性の向上を図っている。

ミサイルは、改良段階にもよるが、役割の異なる複数のユニットで構成されている。捜索レーダーや誘導レーダー、火器管制装置、発射機/ミサイルなどのユニットからなる。各ユニットは索引により、再配置が容易であるが、イスラエル軍など一部の改良型を除き自走はしない。発射機にはミサイル3発が搭載でき、遠隔操作により脅威方向へ向けられる。再装填は、M501装填・輸送装置により3発同時に行なわれる。

運用国


なおイランにおいては、イラン・イラク戦争で消費し尽くしたAIM-54 フェニックスの代替として、ホークを空対空ミサイルに改造し、F-14戦闘機に搭載している。

日本での運用

陸上自衛隊の改良ホークと発射機

地対空ミサイルの採用にあたっては、陸上自衛隊が「対空砲火の延長である」、航空自衛隊が「無人戦闘機である」として、激しい縄張り争いが展開された。結果、ナイキJを航空自衛隊が、ホークを陸上自衛隊が採用するという、玉虫色の決着がなされた。なお先だって陸上自衛隊が採用していたナイキ・エイジャックスは、後に航空自衛隊に移管されている。

三菱電機東芝ライセンス生産を行い、地対空誘導弾改良ホークとして配備・運用しており、1965年(昭和40年)度以降、毎年秋頃に米ニューメキシコ州のマクレガー射場にて射撃訓練を行っている。

歴史

基本型ホークが昭和52年度から改良ホークへと換装された。昭和57年度からは改良ホークの改善I型が配備され、昭和62年にはI型よりもECCM能力(対電子対抗手段)などを改良したII型、平成3年度には測距レーダー、情報調達中枢、中隊統制中枢を中隊指揮装置として1つにまとめたIII型の配備が進められた。

現在では後継として国産開発された03式中距離地対空誘導弾への更新が進められつつある。

構成

諸元

  • 全長:約5.00m
  • 直径:約350mm
  • 重量:約600kg

訂正

加筆修正しました

安保法制可決ですね


安全保障法制なんですが、


どうして、戦争法案になるのか?



訂正


加筆修正しました

第五高射特科群の装備は?


米軍制式のM51 75mm高射砲1958年から自衛隊に供与され、1987年まで現役



35ミリ2連装高射機関砲 L-90(35ミリ2れんそうこうしゃきかんほう エル90)は、陸上自衛隊の高射

砲。



イス
のエリコン社により開発されたGDF-001 35mm連装機関砲の日本向け改良版で、エリコン


KDB
 35mm機関砲と、レーダー制御の射撃管制装置によって構成される。


陸上自衛隊
では1969年に採用され、製作は砲部を日本製鋼所、射撃管制装置を三菱電機が、そ




ぞれ


エリコン社とともに担当した。なお、L-90とは90
口径を意味する。


開発当初は驚異的な性能を誇ったL-90だが、技術の進歩により81式短距離地対空誘導弾や
93式4




距離地対空誘導弾
などの地対空誘導弾兵器が開発されるにつれ、更新が進んだ。陸上自衛隊

よる
調


は、1981年度をもって終了している。2009年7月2日、最後の射撃訓練が行われた[1]。


退役後は
モスボールなどはされない予定。



訂正



加筆修正しました


「モスボールとは、使わないが予備に保管する


その場合錆や風雨対策をしておくと簡単な説明です」

昭和44年(1969年)には、35mm 二連装高射機関砲 L-90を配備する。L-90はM15、M16対空自走砲の

損耗更新として採用され、スイスのエリコン社により開発され、技術提携により国産化された高射砲。エ

リコンKDB 35mm機関砲と、レーダー制御の射撃統制装置によって構成される。射統装置のレーダーは

低空目標の発見が容易で、目標を自動追尾できる。発射速度は毎分1100発、俯仰-5~+92度となる。Comments


1965年から方面高射特科群に実戦配備した。


1965年は昭和40年



訂正


加筆修正しました

↑このページのトップヘ