心より追悼の意を表します故偽防空ミサイル部隊経歴謎解同スパイ?元男組全解連?民商?日本共産党員不可思議経歴突然マイクで演説が東京新聞一面仕込み疑惑偽自衛官泥憲和氏

泥憲和氏自称元自衛官元陸自防空ミサイル部隊という謎と泥憲和氏のしばき隊や男組神戸支部長という論理的矛盾経歴の謎部落解放同盟より民主商工会、日本共産党員という不可思議な経歴また突然マイクを借りて集団自衛権反対演説するという事が東京新聞の一面になる仕込みの疑惑など自称元陸自元自衛隊員泥憲和氏経歴の嘘疑惑と暴力集団しばき隊や男組所属問題の正体とTwitter発言や集団的自衛権について検索から探し最近は泥憲和先生は講演会も引っ張りだこ、でもなぜか経歴が良くわかりませんですから 泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本泥憲和 元陸自街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和 東京新聞一面泥憲和 飛び入り演説一面記事泥憲和 経歴泥憲和 嘘泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和 反日泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 平和泥憲和 69年の平和泥憲和 70年の平和泥憲和 平和泥憲和男組神戸支部長泥憲和先生の真実を検証する泥憲和自衛官 泥憲和元自衛官泥さん集団的自衛権集団的自衛権泥泥憲和経歴泥憲和wi泥憲和嘘 泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日たかが内閣差別撤廃 東京大行進 The March on Tokyo for 泥憲和悪性リンパ腫心配泥憲和時代や歴史とは何か泥憲和悪性リンパ腫心配泥憲和体調心配泥憲和体調心配泥憲和プロフィール謎泥憲和余命心配泥憲和嘘?泥憲和経歴謎泥憲和 泥憲和様泥憲和さん泥憲和氏どろのりかず泥憲和泥憲和様泥憲和さん泥憲和氏どろのりかず泥憲和プロ市民?泥憲和日本共産党?泥憲和左翼?泥憲和正体謎泥憲和本泥憲和反日?元自衛官泥憲和?泥憲和日本共産党?自衛官泥憲和?元陸自?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本泥さん集団的自衛権反対 泥憲和集団的自衛権泥憲和大阪民主新報泥憲和街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和見せかけの平和防空ミサイル部隊?泥憲和慰安婦泥憲和男組神戸支部長かもがわ出版泥憲和集団的自衛権泥憲和プロフィール謎泥憲和余命心配泥憲和嘘?泥憲和経歴謎泥憲和自衛官?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本自衛官泥憲和?元自衛官泥憲和?泥憲和プロ市民?泥憲和元自衛官?泥さん集団的自衛権集団的自衛権泥泥さん集団的自衛権泥憲和自衛官?泥憲和元自衛官?防空ミサイル部隊?泥憲泥憲和自衛官?和集団的自衛権泥さん集団的自衛権泥憲和日本共産党?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本泥憲和経歴泥憲和経歴泥憲和wiki泥憲和嘘泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和男組神戸支部長泥憲和男組神戸支部長泥憲和wikiあざらしじいさん泥憲和(@ndoro19542566)泥憲和経歴謎泥憲和肩書謎泥憲和肩書疑惑泥憲和肩書泥憲和元陸自泥憲和謎泥憲和防空ミサイル部隊謎泥憲和経歴泥憲和嘘泥憲和慰安婦泥憲和余命泥憲和正体泥憲和男組神戸支部長泥憲和反日泥憲和元自衛官泥憲和左翼泥憲和wiki泥憲和2ch泥憲和元陸自M5175mm高射砲泥憲和かもがわ出版泥憲和しばき隊慰安婦泥憲和元自衛官いわゆる慰安婦泥憲和プロ市民時代の不幸泥憲和集団的自衛権MSN東京新聞 泥憲和-Bing安倍首相ら「日本」を取り戻せ! ! 泥憲和男組関西支部長男組神戸支部長泥憲和経歴泥憲和嘘? 泥憲和慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和正義の味方泥憲和 反日 泥憲和反差別運動泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和経歴泥憲和しばき隊泥憲和wiki泥憲和投票誘導?泥憲和正体泥憲和仕込み?泥憲和左翼泥憲和反日 泥憲和男組神戸支部長泥憲和余命心配泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和嘘泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和ebook 泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本泥憲和 元陸自泥憲和 69年の平和泥憲和 70年の平和泥憲和 平和泥憲和 平和泥憲和 集団的自衛権街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。東京新聞一面戦争法案反対泥憲和 東京新聞一面 集団的自衛権三要件泥憲和 飛び入り演説一面記事集団的自衛権集団的自衛権反対泥憲和 慰安婦泥憲和 元自衛官泥憲和 余命泥 憲和 左翼泥 憲和 正体泥 憲和wiki 元自衛官泥憲和泥憲和しばき隊泥憲和大阪民主新報泥憲和かもがわ出版東京新聞泥憲和泥憲和泥憲和正体元自衛官泥泥憲和左翼泥憲和経歴泥憲和反日泥憲和wiki 泥憲和余命泥憲和嘘泥憲和facebook泥憲和経歴泥憲和反日泥憲和wiki泥憲和余命 泥憲和嘘泥憲和facebook泥憲和正体泥憲和プロフィール泥憲和左翼 東京新聞元自衛官すごい説得力ー強烈な安倍首相批判=元自衛官泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本 泥憲和元陸自泥憲和経歴に関連する検索キーワード泥憲和wiki泥憲和左翼泥憲和正体泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本 泥憲和 元陸自街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和 東京新聞一面泥憲和 飛び入り演説一面記事泥 憲和 嘘泥憲和 経歴泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥憲和 反日泥 憲和 男組泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 経歴泥 憲和 嘘泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和 反日泥憲和 元自衛官泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和余命泥憲和反日泥憲和左翼泥憲和正体泥憲和wiki泥 憲和 wiki泥 憲和 左翼泥憲和 2ch泥憲和 元陸自泥憲和 かもがわ泥憲和 大阪民主新報泥憲和 しばき隊泥憲和 元自衛官泥 憲和 プロ市民泥憲和 集団的自衛権東京新聞 泥憲和泥憲和 経歴泥 憲和 経歴泥 憲和 嘘 泥 憲和 しばき隊泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 元自衛官泥 憲和 正体泥憲和 反日泥 憲和 男組泥憲和 余命泥憲和 慰安婦泥憲和 氏に関連する検索キーワードなどから検証するブログです  

タグ:泥憲和元自衛官

結局、泥憲和先生の正体が、わからないので、付き合いのある、自衛官及び日本共産党の方々に、問い合わせる事にしました。
あと、付き合いのある公明党の方にも。
直接わからなければ、間接的に聞くまあ鉄則ですね。
これで、泥憲和先生の疑いも晴れますね。

泥憲和先生が、mixiで行っていた、論理展開を、そのまま当て嵌めますと、陸上自衛隊少年工科学校卒というのは、泥憲和先生の記憶が間違っているのだ。
ならば、自衛隊生徒として別の陸自、海自、空自以外のところに、いたんだ。
もし、陸自で無いならば、武器の事があやふやなのも、理解できる。
海自なら銃の知識があやふやでも当たり前だ。
空自なら、高射とはいえど、当時はナイキミサイルしかない。
とりあえず、ご本人の証言が間違っているに違いない。

いくら頑張っても、泥憲和先生を、知っている元、現職を問わず、自衛官の方々に、失礼承知でお伺いしているのに、見つかりません。
思い切って、公開資料から、泥憲和先生の直属の上官の方々に、直訴すべき、根回ししています。泥憲和先生も、最近Twitterの副アカウントで、色々言っていらっしゃいますが。
できれば、元陸自を証明されたらいかがでしょうか?
百聞は一見にしかず、頑張ってください。
泥憲和先生。

かなりスパルタ、最初から64式小銃は、渡されませんが、受け取る時きちんと、儀式みたいな事があります。
また、受け取った64式小銃は、一心同体、例え目隠しでも、分割、清掃、組立ができるまで、訓練を受けます。
また、陸上自衛隊少年工科学校では、真っ先に新型装備が、支給されます。
M1小銃やM1カービン、ましてや、トンプソン短機関銃、は二線装備ですしトンプソン短機関銃など、M-3通称グリースガン、などは「防空ミサイル部隊」という、架空の部隊には、配備されません。
また、「兵は凶器」軍事的な言葉を、避ける自衛隊では、使いません。
古代中国の言葉ですが、まるで、「私の考えた自衛隊」みたいに感じます。
高射特科○○地対空誘導弾ホーク中隊。

高射特科なのに、L-90とL-51の区別が、つかない?
世の中不思議ですね。

色々聴いたり、探したり、当時の陸上自衛隊少年工科学校、の関係者の方々に問い合わせても、泥憲和先生という、非常に珍しいお名前の方を、知っている、そういう方がいらっしゃらないのです。
もう、関係があれば知り合いで、元陸自なんて珍しくありませんので、様々無理を承知で、調べているのですが。
まあ、「防空ミサイル部隊」なんて、陸上自衛隊には、無いそれは確かなんですが。

物言えば、唇寒し秋の空。

何か、飛び入りで発言されてしかも東京新聞一面!

また、安倍首相から「日本」を取り戻せ!!、までかもがわ出版から、出されれば、賛否両論はありますよね。

でも、ものすごく気になさって、いらっしゃいますが、ネットの雑音などきになさらないのが、よろしいかと思います。

おはようございますプロパガンダ要員の泥憲和先生

存在しない「防空ミサイル部隊」に所属され。

階級も、駐屯地もお話しされない。

陸上自衛隊少年工科学校四年、「防空ミサイル部隊」一年未満。

飛び入りでマイクパフォーマンスが、すらすらFacebookに、また東京新聞一面という、常識的に不思議な方。

体調に気をつけてよい一日を。

大勢の中で、話すと聞き違いが、あるのですね。やはり泥憲和先生が、何か公的書類を、提示して頂くのが、一番です。

「渋柿じいさん(仲パレ2014.)泥憲和
@ndoro4

何が3分だ、お前はカップ麺か。撃ったのは
M1カービンだが、拳銃弾ではなかった。あ
りゃ間違ったと思ったが、送信しちまったから
まーいいやとw@jpn1_rok0
19.26-2013年11月8日
渋柿じいさん(仲パレ2014.)泥憲和
@ndoro4
ああ、あれは恥ずかしかったです。うっかり
トンプソンと間違えしまった。私たちが使っ
ていたのはM1小銃と64式小銃です。
@poo3_poo3泥憲和さん初めまして。M1
カービンに拳銃弾装填すると発言されたのは
ほんとうですか?0.09-2014年7月6日

https://twitter.com/ndoro4」

少年工科四年とは言え、もう四十年前、思い違いもあると思います泥憲和先生

昭和32年2月 防衛大学第1回卒業式 吉田茂総理大臣訓辞】

「君達は自衛隊在職中、

 決して国民から感謝されたり、

 歓迎されることなく

 自衛隊を終わるかもしれない。

 きっと非難とか叱咤ばかりの

 一生かもしれない。

 御苦労だと思う。
 
 
 しかし、

 自衛隊が国民から歓迎され

 ちやほやされる事態とは、

 外国から攻撃されて国家存亡の時とか、

 災害派遣の時とか、

 国民が困窮し

 国家が混乱に直面している時だけなのだ。
 
 
 言葉を換えれば、

 君達が日陰者である時のほうが、

 国民や日本は幸せなのだ。

 どうか、耐えてもらいたい。」

泥憲和先生、書き間違えやてにをは、まで違うというのは、恥ずかしい限りです

では、泥憲和先生おやすみなさいよい夢を。

もうすっかり秋ですね、インフルエンザにはお気をつけて良い一日を。

泥憲和先生のお気持ちはわかります
でも、間接民主主義では、議席が民意なんですが

日韓基本条約は、基本的に韓国側が吹っかけてきたが、日本側も国際的に認められた手段を韓国側に突き付けています

没収資産、正確はもっとややこしいが、日本側が投資して作った、インフラなどを、相手の国が使用している場合
かなり厳密な、計算があるようだが
日本側が計算して韓国側に突き付けた没収資産
驚く事に韓国側がマイナスになり逆に金払えになっている
特に旧朝鮮銀行、独立後韓国銀行になったが
その金保有について、旧朝鮮銀行が、最後まで金兌換券であったように、日本の十円金貨などがそのまま引き継がれていたそういった没収資産を、計算すれば、韓国側がマイナス
最初吹っかけてきた、朴正煕大統領も慌てて、経済協力金で、話をつけたこの辺り詳しくない人が多くて驚く
基本的に日韓関係は、植民地ではなく、併合サンフランシスコ講話条約では、色々賠償金を払ったが
35年間(日帝36年というのは数え年)に、日本側が整備したインフラは、かなりの投資
続きを読む

泥憲和先生は、自衛隊に汚れ役云々と発言されていらっしゃいますが
青森のどこかわからない部隊に、しかも一年未満なら
自衛官の住民票を受け付けないや
成人式に呼ばない、また自衛官の御家族、お子様が、偏見と差別で酷い目に会われていたのは、経験として感じていらっしゃらないかも知れませんが。
その時自衛官の皆様は、不発弾処理、機雷処理など、それこそ汚れ役を、押し付けながらも
皆様淡々と任務をこなされていらっしゃいますが、防空ミサイル部隊とやらに一年未満しかいらっしゃらなかった、泥憲和先生の発言としては、少々納得がいかないのですが?
存在しない部隊に、所属され、それも一年未満で除隊、確かに元自衛官ですが
なにか、自衛官代表がごとき発言
現役の自衛官の方々は、どう思われていらっしゃるのか?
泥憲和先生にとっては、安上がりの就職先、それも存在しない部隊
何を言われていらっしゃるのかよくわかりません当時の最前線であった、北海道の部隊でもなく、存在しない防空ミサイル部隊とやらに所属されていらっしゃった方が、なにか自衛官代表になるのでしょうか?
まあ、飛び入り演説が、たまたま東京新聞一面になっただけで
泥憲和先生が自衛官代表というつもりではなかったのでしょうが
少年工科は、鉄の団結とまで言われるところですが
不思議な事に、同級生の方々から、泥憲和先生のご意見に賛否もでない?泥憲和先生は、とても不思議な方と思わざるを、得ません。

泥憲和先生にはもう、縁もゆかりも無い自衛隊ですが
核兵器の水平拡散、中国での各民族の抵抗運動
タイ王国にまで、飛び火した、イスラム系中国人のレジスタンス活動
広西チワン人の爆破活動
突如としてロシアがシリア内戦への参戦

泥憲和先生は、フィリピン軍の例ばかり
強調されますが
軍隊としては、弱小のフィリピン軍は、どちらかと言えば特殊な例

それにしてもいつ、平和が訪れるのでしょうか?
国連は無力、核兵器の水平拡散はすさまじい勢い
戦争の対語が平和ではない
戦争に詳しい泥憲和先生ならご存知ですね
安定や均衡に過ぎないという事を

安全も均衡もゆっくりしかし確実に、崩壊を始めている今

平和を望みながら私の無力さに呆然としています

陸上自衛隊の戦略が、凄まじく長期間、本土決戦の呪縛から逃れていなかったのは、ご存知かどうか?
ソ連戦車部隊を、北海道に上陸させ、待ち伏せでこれを撃つ
ジープに106ミリ無反動砲を搭載する
60式二連装106ミリ無反動砲まで開発する

61式戦車に至っては、本土決戦兵器4式中戦車の最終開発戦車

しかも、搭載砲と移動の関係から、ほぼギリギリの設計

すべて待ち伏せで撃つ生死の保障などない

わずか一年弱で退官されていらっしゃる泥憲和先生には無関係ですが

訂正

加筆修正しました

↑このページのトップヘ