心より追悼の意を表します故偽防空ミサイル部隊経歴謎解同スパイ?元男組全解連?民商?日本共産党員不可思議経歴突然マイクで演説が東京新聞一面仕込み疑惑偽自衛官泥憲和氏

泥憲和氏自称元自衛官元陸自防空ミサイル部隊という謎と泥憲和氏のしばき隊や男組神戸支部長という論理的矛盾経歴の謎部落解放同盟より民主商工会、日本共産党員という不可思議な経歴また突然マイクを借りて集団自衛権反対演説するという事が東京新聞の一面になる仕込みの疑惑など自称元陸自元自衛隊員泥憲和氏経歴の嘘疑惑と暴力集団しばき隊や男組所属問題の正体とTwitter発言や集団的自衛権について検索から探し最近は泥憲和先生は講演会も引っ張りだこ、でもなぜか経歴が良くわかりませんですから 泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本泥憲和 元陸自街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和 東京新聞一面泥憲和 飛び入り演説一面記事泥憲和 経歴泥憲和 嘘泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和 反日泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 平和泥憲和 69年の平和泥憲和 70年の平和泥憲和 平和泥憲和男組神戸支部長泥憲和先生の真実を検証する泥憲和自衛官 泥憲和元自衛官泥さん集団的自衛権集団的自衛権泥泥憲和経歴泥憲和wi泥憲和嘘 泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日たかが内閣差別撤廃 東京大行進 The March on Tokyo for 泥憲和悪性リンパ腫心配泥憲和時代や歴史とは何か泥憲和悪性リンパ腫心配泥憲和体調心配泥憲和体調心配泥憲和プロフィール謎泥憲和余命心配泥憲和嘘?泥憲和経歴謎泥憲和 泥憲和様泥憲和さん泥憲和氏どろのりかず泥憲和泥憲和様泥憲和さん泥憲和氏どろのりかず泥憲和プロ市民?泥憲和日本共産党?泥憲和左翼?泥憲和正体謎泥憲和本泥憲和反日?元自衛官泥憲和?泥憲和日本共産党?自衛官泥憲和?元陸自?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本泥さん集団的自衛権反対 泥憲和集団的自衛権泥憲和大阪民主新報泥憲和街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和見せかけの平和防空ミサイル部隊?泥憲和慰安婦泥憲和男組神戸支部長かもがわ出版泥憲和集団的自衛権泥憲和プロフィール謎泥憲和余命心配泥憲和嘘?泥憲和経歴謎泥憲和自衛官?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本自衛官泥憲和?元自衛官泥憲和?泥憲和プロ市民?泥憲和元自衛官?泥さん集団的自衛権集団的自衛権泥泥さん集団的自衛権泥憲和自衛官?泥憲和元自衛官?防空ミサイル部隊?泥憲泥憲和自衛官?和集団的自衛権泥さん集団的自衛権泥憲和日本共産党?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本泥憲和経歴泥憲和経歴泥憲和wiki泥憲和嘘泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和男組神戸支部長泥憲和男組神戸支部長泥憲和wikiあざらしじいさん泥憲和(@ndoro19542566)泥憲和経歴謎泥憲和肩書謎泥憲和肩書疑惑泥憲和肩書泥憲和元陸自泥憲和謎泥憲和防空ミサイル部隊謎泥憲和経歴泥憲和嘘泥憲和慰安婦泥憲和余命泥憲和正体泥憲和男組神戸支部長泥憲和反日泥憲和元自衛官泥憲和左翼泥憲和wiki泥憲和2ch泥憲和元陸自M5175mm高射砲泥憲和かもがわ出版泥憲和しばき隊慰安婦泥憲和元自衛官いわゆる慰安婦泥憲和プロ市民時代の不幸泥憲和集団的自衛権MSN東京新聞 泥憲和-Bing安倍首相ら「日本」を取り戻せ! ! 泥憲和男組関西支部長男組神戸支部長泥憲和経歴泥憲和嘘? 泥憲和慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和正義の味方泥憲和 反日 泥憲和反差別運動泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和経歴泥憲和しばき隊泥憲和wiki泥憲和投票誘導?泥憲和正体泥憲和仕込み?泥憲和左翼泥憲和反日 泥憲和男組神戸支部長泥憲和余命心配泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和嘘泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和ebook 泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本泥憲和 元陸自泥憲和 69年の平和泥憲和 70年の平和泥憲和 平和泥憲和 平和泥憲和 集団的自衛権街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。東京新聞一面戦争法案反対泥憲和 東京新聞一面 集団的自衛権三要件泥憲和 飛び入り演説一面記事集団的自衛権集団的自衛権反対泥憲和 慰安婦泥憲和 元自衛官泥憲和 余命泥 憲和 左翼泥 憲和 正体泥 憲和wiki 元自衛官泥憲和泥憲和しばき隊泥憲和大阪民主新報泥憲和かもがわ出版東京新聞泥憲和泥憲和泥憲和正体元自衛官泥泥憲和左翼泥憲和経歴泥憲和反日泥憲和wiki 泥憲和余命泥憲和嘘泥憲和facebook泥憲和経歴泥憲和反日泥憲和wiki泥憲和余命 泥憲和嘘泥憲和facebook泥憲和正体泥憲和プロフィール泥憲和左翼 東京新聞元自衛官すごい説得力ー強烈な安倍首相批判=元自衛官泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本 泥憲和元陸自泥憲和経歴に関連する検索キーワード泥憲和wiki泥憲和左翼泥憲和正体泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本 泥憲和 元陸自街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和 東京新聞一面泥憲和 飛び入り演説一面記事泥 憲和 嘘泥憲和 経歴泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥憲和 反日泥 憲和 男組泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 経歴泥 憲和 嘘泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和 反日泥憲和 元自衛官泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和余命泥憲和反日泥憲和左翼泥憲和正体泥憲和wiki泥 憲和 wiki泥 憲和 左翼泥憲和 2ch泥憲和 元陸自泥憲和 かもがわ泥憲和 大阪民主新報泥憲和 しばき隊泥憲和 元自衛官泥 憲和 プロ市民泥憲和 集団的自衛権東京新聞 泥憲和泥憲和 経歴泥 憲和 経歴泥 憲和 嘘 泥 憲和 しばき隊泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 元自衛官泥 憲和 正体泥憲和 反日泥 憲和 男組泥憲和 余命泥憲和 慰安婦泥憲和 氏に関連する検索キーワードなどから検証するブログです  

タグ:泥憲和プロフィール謎

本隊は、自衛隊広報センターにまいります。
収穫を期待しています。
なかなか、個人情報保護法の壁で、直接調べるのは、難しいですが、何らかの情報は、入手できますので。

良い夢を泥憲和先生。

おげんきですか?
体調にはお気をつけください。

早く元気になって、プロパガンダ活動の声を聴かせてください。

謎だらけの、泥憲和先生ですが、一応自称プロフィールを、調べますと、これがまた、不思議な事に、立ち位置が、ころころ変わっています。
不可解ですが、点と線を繋ぐと、ある程度までわかります。
最後の詰めに、色々しています。
ではご機嫌よう。

いくら頑張って探しても「防空ミサイル部隊」は存在しません。
では、陸上自衛隊少年工科学校は、昔ありました、さてでも陸上自衛隊少年工科学校、泥憲和先生のように、珍しいお名前の方を知る人がいらっしゃいません。
私には、摩訶不思議です。

泥憲和先生が、mixiで行っていた、論理展開を、そのまま当て嵌めますと、陸上自衛隊少年工科学校卒というのは、泥憲和先生の記憶が間違っているのだ。
ならば、自衛隊生徒として別の陸自、海自、空自以外のところに、いたんだ。
もし、陸自で無いならば、武器の事があやふやなのも、理解できる。
海自なら銃の知識があやふやでも当たり前だ。
空自なら、高射とはいえど、当時はナイキミサイルしかない。
とりあえず、ご本人の証言が間違っているに違いない。

いくら頑張っても、泥憲和先生を、知っている元、現職を問わず、自衛官の方々に、失礼承知でお伺いしているのに、見つかりません。
思い切って、公開資料から、泥憲和先生の直属の上官の方々に、直訴すべき、根回ししています。泥憲和先生も、最近Twitterの副アカウントで、色々言っていらっしゃいますが。
できれば、元陸自を証明されたらいかがでしょうか?
百聞は一見にしかず、頑張ってください。
泥憲和先生。

12時間12時間前

初めて聞く名前です。なにせ、当時は1期が520人でしたから、ほかの期を知っているのは上司と部下など特別の関係があった場合だけです。

「防空ミサイル部隊」って何でしょうか?
また、どちらの師団でどちらの連隊で、どちらの駐屯地に
いらっいゃいましたか?

もう何十年も前、お忘れかもしれませんが、教えていただけませんか?

泥憲和先生?

「街頭にて

突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。
集団的自衛権に反対なので、その話をします。
私は元自衛官で、防空ミサイル部隊に所属していました。
日本に攻めて来る戦闘機を叩き落とすのが任務でした。

いま、尖閣の問題とか、北朝鮮のミサイル問題とか、不安じゃないですか。
でも、そういったものには、自衛隊がしっかりと対処します。
自衛官は命をかけて国民をしっかり守ります。
そこは、安心してください。

いま私が反対している集団的自衛権とは、そういうものではありません。
日本を守る話ではないんです。
売られた喧嘩に正当防衛で対抗するというものではないんです。
売られてもいない他人の喧嘩に、こっちから飛び込んでいこうというんです。
それが集団的自衛権なんです。
なんでそんなことに自衛隊が使われなければならないんですか。
縁もゆかりもない国に行って、恨みもない人たちを殺してこい、
安倍さんはこのように自衛官に言うわけです。
君たち自衛官も殺されて来いというのです。
冗談ではありません。
自分は戦争に行かないくせに、安倍さんになんでそんなこと言われなあかんのですか。
なんでそんな汚れ仕事を自衛隊が引き受けなければならないんですか。
自衛隊の仕事は日本を守ることですよ。
見も知らぬ国に行って殺し殺されるのが仕事なわけないじゃないですか。

みなさん、集団的自衛権は他人の喧嘩を買いに行くことです。
他人の喧嘩を買いに行ったら、逆恨みされますよね。
当然ですよ。
だから、アメリカと一緒に戦争した国は、かたっぱしからテロに遭ってるじゃないですか。
イギリスも、スペインも、ドイツも、フランスも、みんなテロ事件が起きて市民が何人も殺害されてるじゃないですか。

みなさん、軍隊はテロを防げないんです。
世界最強の米軍が、テロを防げないんですよ。
自衛隊が海外の戦争に参加して、日本がテロに狙われたらどうしますか。
みゆき通りで爆弾テロがおきたらどうします。
自衛隊はテロから市民を守れないんです。
テロの被害を受けて、その時になって、自衛隊が戦争に行ってるからだと逆恨みされたんではたまりませんよ。
だから私は集団的自衛権には絶対に反対なんです。

安部総理はね、外国で戦争が起きて、避難してくる日本人を乗せたアメリカ軍の船を自衛隊が守らなければならないのに、いまはそれができないからおかしいといいました。
みなさん、これ、まったくのデタラメですからね。
日本人を米軍が守って避難させるなんてことは、絶対にありません。
そのことは、アメリカ国防省のホームページにちゃんと書いてあります。
アメリカ市民でさえ、軍隊に余力があるときだけ救助すると書いてますよ。

ベトナム戦争の時、米軍は自分だけさっさと逃げ出しました。
米軍も、どこの国の軍隊も、いざとなったら友軍でさえ見捨てますよ。
自分の命の方が大事、当たり前じゃないですか。
そのとき、逃げられなかった外国の軍隊がありました。
どうしたと思いますか。
軍隊が、赤十字に守られて脱出したんです。
そういうものなんですよ、戦争というのは。

安倍さんは実際の戦争のことなんかまったくわかってません。
絵空事を唱えて、自衛官に戦争に行って来いというんです。
自衛隊はたまりませんよ、こんなの。

みなさん、自衛隊はね、強力な武器を持ってて、それを使う訓練を毎日やっています。
一発撃ったら人がこなごなになって吹き飛んでしまう、そういうものすごい武器を持った組織なんです。
だから、自衛隊は慎重に慎重を期して使って欲しいんです。
私は自衛隊で、「兵は凶器である」と習いました。
使い方を間違ったら、取り返しがつきません。
ろくすっぽ議論もしないで、しても嘘とごまかしで、国会を乗り切ることはできるでしょう。
でもね、戦場は国会とは違うんです。
命のやり取りをする場所なんです。
そのことを、どうか真剣に、真剣に考えてください。

みなさん、閣議決定で集団的自衛権を認めてもですよ、
この国の主人公は内閣と違いますよ。
国民ですよ。
みなさんですよ。
憲法をねじ曲げる権限が、たかが内閣にあるはずないじゃないですか。
安倍さんは第一回目の時、病気で辞めましたよね。
体調不良や病気という個人のアクシデントでつぶれるのが内閣ですよ。
そんなところで勝手に決めたら日本の国がガラリと変わる、そんなことできません。

これからが正念場です。
だから一緒に考えてください。
一緒に反対してください。
選挙の時は、集団的自衛権に反対している政党に投票してください。
まだまだ勝負はこれからです。
戦後69年も続いた平和を、崩されてたまるもんですか。
しっかりと考えてくださいね。
ありがとうございました。」

何度か申し上げていますが、69年の平和?
日本は昭和二十年九月二日に、戦艦ミズーリ上にて、屈辱的な対応の上降伏文章に調印
屈辱的とは、わざわざ艦橋にペリー提督の時代の米国国旗をかかげ、梅津美治郎参謀総長は
軍刀の帯刀すら否定され、国際的な礼儀に反した行為だからです。

その後、GHQ連合国軍最高司令部が実質的に権力者として君臨し、兵士の強姦事件やら
なんだかんだ騒動を起こしながらも、検閲でこれを隠し「日本国憲法
第二十一条  集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
○2  検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。」
おしつけといて、自分たちは守らない、そんな連中に七年間も占領されていて69年の平和?
70年の?何ですかそれは、ご都合に合わせて、いい加減な話をされるとは泥憲和先生は
正直な方だというのに、なぜそのような事をされたのか?
不思議ですね?

でまあ、何とか朝鮮戦争が原因で、わがまま鬼畜マッカーサー元帥が、朝鮮戦争にお前らも参加しろ!
と言い出し、吉田茂総理が九条を逆手(さかて)にとってのらりくらりかわしながらも、掃海艇と輸送補助を
担う羽目になり、戦死者の方が出ていらっしゃいます。

69年の平和?70年の平和?

戦死者の方が、戦後にいらっしゃるのに?
都合が悪ければ、黙る、はぐらかす、嘘をつく、泥憲和先生はそんな方ではないでしょう?

まあ何とか解釈改憲を重ねて、警察予備隊だの保安隊だの自衛隊になりますが。



続きを読む

私は戦争なんてしたくない、平和がいいけれど、平和って
何か、戦争とは何か、考えて悩んで、国際司法裁判所なんて、まともに機能していませんし
最近できた、国際刑事裁判所も、機能していない
国際連合も、しょせん寄せ集め、ハーグ陸戦条約やジュネーブ条約なんて
戦争のルールを決めるもの
だから、国際連合も、始めに戦争があるって前提ですし
平和的に領土問題の解決も、結局のところ軍事力の背景が前提だったり
双方の利害が一致した場合のみだったり
ハーグの国際司法裁判所で、解決したマレーシアと、シンガポールの島の
領有権問題も、双方の力関係が関わっているんですよ
元々、マラヤ連邦として独立しながら、華僑とは相いれないマレーシア側が
華僑を、追い出してシンガポールができてますし
シンガポールは、絶対マレーシアに逆らえないんですよ
理由は単純、水、ですシンガポールには貯水池や海水淡水化設備があっても
追いつきません
だから、マレーシアからジョホールバルの、下に太い送水管があり
シンガポールに送水しているんですが
もし、送水を止められたら最後、シンガポールの機能停止
死人も出ますよ
だから、お互い国際司法裁判所で、けりを着けたんです
マレーシアも、シンガポールから資金援助や技術援助受けていますし
戦争になれば、お互い損失が大きいそんなものです
中国とロシアの領土問題解決も、双方の軍事力特にお互い
核武装していますから、戦争になるのは困りますよね
しょせん見せかけの平和、そして軍事力や何かしらの力関係が
関わっている領土問題解決
実際そんなものですよ世界はいつ、平和になるのやら

泥憲和先生

飛び入り演説が東京新聞一面記事になるというのも

けっこう不思議なことですね

「みなさん、閣議決定で集団的自衛権を認めてもですよ、
この国の主人公は内閣と違いますよ。
国民ですよ。
みなさんですよ。
憲法をねじ曲げる権限が、たかが内閣にあるはずないじゃないですか。
安倍さんは第一回目の時、病気で辞めましたよね。
体調不良や病気という個人のアクシデントでつぶれるのが内閣ですよ。
そんなところで勝手に決めたら日本の国がガラリと変わる、そんなことできません。」

国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する

第四十一条  国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

戦争がすぐ始まるわけがない、
泥憲和先生は元陸自ですから、
それはわかっていらっしゃると、
思うのですが。

「 初めまして。
 上の文章、読点や○が付いてなくて非常に読みにくいです。
 失礼ですが、あなた本当に日本人ですか?」
コメントありがとうございます
日本人ですが単に文才がなく国語の成績の悪かった馬鹿です

訂正

加筆修正しました

訂正
この記事も確証があるわけではありません

「ホークミサイルって部隊ではなく高射中隊でした、確かに師匠にあたる方に指摘されるまで
気がつきませんでした、防空ミサイル部隊って言葉に引きずられていました申し訳ありません

操作要員だけで10人、ホークミサイルシステム運用人数となると
部隊ではなく中隊ですね
心よりお詫び申し上げます
またこの場にて、訂正致します


「追記
操作要員10名
ホーク運搬用ローダ

全長 5.182m/輸送時:3.683m 全高 2,356m/輸送時:2,134m
全幅 1.905m 重量 4.304kg
最高速度 約20km/h 回転半径 約6.1m
方位旋回 左右15度以内 ロール旋回 左右15度以内
エンジン 4気筒ガソリンエンジン 高低上(俯仰) 39.3
同時移換数 同時に1・2発、または3発のミサイルを移換する。
人員 10名」

↑このページのトップヘ