いやはや、書き損じや記憶だけで書くのは、いけませんね。