心より追悼の意を表します故偽防空ミサイル部隊経歴謎解同スパイ?元男組全解連?民商?日本共産党員不可思議経歴突然マイクで演説が東京新聞一面仕込み疑惑偽自衛官泥憲和氏

泥憲和氏自称元自衛官元陸自防空ミサイル部隊という謎と泥憲和氏のしばき隊や男組神戸支部長という論理的矛盾経歴の謎部落解放同盟より民主商工会、日本共産党員という不可思議な経歴また突然マイクを借りて集団自衛権反対演説するという事が東京新聞の一面になる仕込みの疑惑など自称元陸自元自衛隊員泥憲和氏経歴の嘘疑惑と暴力集団しばき隊や男組所属問題の正体とTwitter発言や集団的自衛権について検索から探し最近は泥憲和先生は講演会も引っ張りだこ、でもなぜか経歴が良くわかりませんですから 泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本泥憲和 元陸自街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和 東京新聞一面泥憲和 飛び入り演説一面記事泥憲和 経歴泥憲和 嘘泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和 反日泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 平和泥憲和 69年の平和泥憲和 70年の平和泥憲和 平和泥憲和男組神戸支部長泥憲和先生の真実を検証する泥憲和自衛官 泥憲和元自衛官泥さん集団的自衛権集団的自衛権泥泥憲和経歴泥憲和wi泥憲和嘘 泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日たかが内閣差別撤廃 東京大行進 The March on Tokyo for 泥憲和悪性リンパ腫心配泥憲和時代や歴史とは何か泥憲和悪性リンパ腫心配泥憲和体調心配泥憲和体調心配泥憲和プロフィール謎泥憲和余命心配泥憲和嘘?泥憲和経歴謎泥憲和 泥憲和様泥憲和さん泥憲和氏どろのりかず泥憲和泥憲和様泥憲和さん泥憲和氏どろのりかず泥憲和プロ市民?泥憲和日本共産党?泥憲和左翼?泥憲和正体謎泥憲和本泥憲和反日?元自衛官泥憲和?泥憲和日本共産党?自衛官泥憲和?元陸自?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本泥さん集団的自衛権反対 泥憲和集団的自衛権泥憲和大阪民主新報泥憲和街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和見せかけの平和防空ミサイル部隊?泥憲和慰安婦泥憲和男組神戸支部長かもがわ出版泥憲和集団的自衛権泥憲和プロフィール謎泥憲和余命心配泥憲和嘘?泥憲和経歴謎泥憲和自衛官?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本自衛官泥憲和?元自衛官泥憲和?泥憲和プロ市民?泥憲和元自衛官?泥さん集団的自衛権集団的自衛権泥泥さん集団的自衛権泥憲和自衛官?泥憲和元自衛官?防空ミサイル部隊?泥憲泥憲和自衛官?和集団的自衛権泥さん集団的自衛権泥憲和日本共産党?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本泥憲和経歴泥憲和経歴泥憲和wiki泥憲和嘘泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和男組神戸支部長泥憲和男組神戸支部長泥憲和wikiあざらしじいさん泥憲和(@ndoro19542566)泥憲和経歴謎泥憲和肩書謎泥憲和肩書疑惑泥憲和肩書泥憲和元陸自泥憲和謎泥憲和防空ミサイル部隊謎泥憲和経歴泥憲和嘘泥憲和慰安婦泥憲和余命泥憲和正体泥憲和男組神戸支部長泥憲和反日泥憲和元自衛官泥憲和左翼泥憲和wiki泥憲和2ch泥憲和元陸自M5175mm高射砲泥憲和かもがわ出版泥憲和しばき隊慰安婦泥憲和元自衛官いわゆる慰安婦泥憲和プロ市民時代の不幸泥憲和集団的自衛権MSN東京新聞 泥憲和-Bing安倍首相ら「日本」を取り戻せ! ! 泥憲和男組関西支部長男組神戸支部長泥憲和経歴泥憲和嘘? 泥憲和慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和正義の味方泥憲和 反日 泥憲和反差別運動泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和経歴泥憲和しばき隊泥憲和wiki泥憲和投票誘導?泥憲和正体泥憲和仕込み?泥憲和左翼泥憲和反日 泥憲和男組神戸支部長泥憲和余命心配泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和嘘泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和ebook 泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本泥憲和 元陸自泥憲和 69年の平和泥憲和 70年の平和泥憲和 平和泥憲和 平和泥憲和 集団的自衛権街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。東京新聞一面戦争法案反対泥憲和 東京新聞一面 集団的自衛権三要件泥憲和 飛び入り演説一面記事集団的自衛権集団的自衛権反対泥憲和 慰安婦泥憲和 元自衛官泥憲和 余命泥 憲和 左翼泥 憲和 正体泥 憲和wiki 元自衛官泥憲和泥憲和しばき隊泥憲和大阪民主新報泥憲和かもがわ出版東京新聞泥憲和泥憲和泥憲和正体元自衛官泥泥憲和左翼泥憲和経歴泥憲和反日泥憲和wiki 泥憲和余命泥憲和嘘泥憲和facebook泥憲和経歴泥憲和反日泥憲和wiki泥憲和余命 泥憲和嘘泥憲和facebook泥憲和正体泥憲和プロフィール泥憲和左翼 東京新聞元自衛官すごい説得力ー強烈な安倍首相批判=元自衛官泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本 泥憲和元陸自泥憲和経歴に関連する検索キーワード泥憲和wiki泥憲和左翼泥憲和正体泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本 泥憲和 元陸自街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和 東京新聞一面泥憲和 飛び入り演説一面記事泥 憲和 嘘泥憲和 経歴泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥憲和 反日泥 憲和 男組泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 経歴泥 憲和 嘘泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和 反日泥憲和 元自衛官泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和余命泥憲和反日泥憲和左翼泥憲和正体泥憲和wiki泥 憲和 wiki泥 憲和 左翼泥憲和 2ch泥憲和 元陸自泥憲和 かもがわ泥憲和 大阪民主新報泥憲和 しばき隊泥憲和 元自衛官泥 憲和 プロ市民泥憲和 集団的自衛権東京新聞 泥憲和泥憲和 経歴泥 憲和 経歴泥 憲和 嘘 泥 憲和 しばき隊泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 元自衛官泥 憲和 正体泥憲和 反日泥 憲和 男組泥憲和 余命泥憲和 慰安婦泥憲和 氏に関連する検索キーワードなどから検証するブログです  

タグ:あざらしじいさん泥憲和

安い嘘だな : パチンコ屋の倒産を応援するブログ

日本の定跡 その売国プロ市民は余命1年の元自衛官(笑)

色々、書かれてしまっていますが、泥憲和先生が、嘘つきとは思いませんし。


売国奴とも思いません。


日本共産党さんは、左派ナショナリズム政党、まだ宮本賢治議長の時代に、チラシやビラで、日本共産党は、愛国の党です、と表明し、全千島全樺太返還の立場であり、第二次天安門事件で中国共産党と、対立し暴挙を非難していました。


チラシやビラまだ、保管しています、また保守派の論客「故藤原公達氏」が、「創価学会を斬る」で出版妨害事件を起こされたとき、日本国憲法に保障された、言論の自由を守った公党ですから。


また、日本国憲法に唯一、反対し除名されてしまいましたが、故野坂参三氏が国家主権と国民主権の関係から、憲法九条に反対した、唯一の公党ですから。


故上田耕一郎氏も、自衛隊に反対しながらも、日本国を守るべく、ある程度の武装は必要と、発言されています。


不破哲三こと、上田健二郎氏も、かなり色々、国家主権と国民主権について発言されていますね。


故上田耕一郎氏の弟さんが、不破哲三こと上田健二郎氏、唯一間違って国会議員の登録を、ペンネームでされた、珍しい例ですね、立候補名はペンネームでも、別名でもよいのですが、議員としては本名に限るのに、何かの手違いで、ペンネームで登録されてしまったので、上田兄弟と言えば、構造改革派と言われていたのに、あまり知られていないのが残念ですね。


かつての日本社会党が、非武装中立を提唱していましたが、日本共産党さんは、非現実的と論争がありましたし。


余談ですが、「日本社会党」は、「にっぽんしゃかいとう」、「日本共産党」は、「にほんきょうさんとう」何だかこだわっていましたね。


ただ、日本共産党さんは、「民主憲法草案」を提唱し、「民主連合政権」など、きちんと対案を持っていらっしゃいますし。


泥憲和先生が、護憲派というのは良くわからないのですが?


また、安保法制を戦争法制というのは、少し違和感を感じます。


では、元自衛官として講演会や、集団的自衛権反対活動に、邁進されていらっしゃいますが、お体大切に。


失礼致します。




専守防衛、確かに素晴らしい理念ですが、それこそ自衛隊の命を蔑ろに、しています泥憲和先生。例えば航空自衛隊の緊急発進(スクランブル)ですが、必ず2機で発進します。
1機が撃墜されたら、2機目が対応するためです。集団的自衛権?自衛官の命を守れ?自分は自衛隊の防空ミサイル部隊にいました?
撃墜される事を、前提で緊急発進しなければならない航空自衛隊、そを考えると、存在しない「防空ミサイル部隊」とやらのほうが楽ですよね?
敵は見えない、ミサイル発射のどの要員かもわからない、レーダが侵入機を捉え、地対空誘導弾ホークで撃ち落とす。
敵も見えない、命のやり取りも直接しない、しかも「防空ミサイル部隊」なる存在しない部隊に、一年未満で除隊、もはや四十年前の話で元自衛官ですって、泥憲和先生はどのようにお考えなのでしょうか?

「戦友」
ここはお国を何百里 離れて遠き満州の
赤い夕日に照らされて 友は野末の石の下
思えばかなし昨日まで 真先駈けて突進し
敵を散々懲らしたる 勇士はここに眠れるか
 
ああ戦の最中に 隣りに居ったこの友の
俄かにはたと倒れしを 我はおもわず駆け寄って
 
軍律きびしい中なれど これが見捨てて置かりょうか
「しっかりせよ」と抱き起し 仮繃帯も弾丸の中
 
折から起る突貫に 友はようよう顔あげて
「お国の為だかまわずに 後れてくれな」と目に涙
 
あとに心は残れども 残しちゃならぬこの体
「それじゃ行くよ」と別れたが 永の別れとなったのか
 
戦すんで日が暮れて さがしにもどる心では
どうぞ生きて居てくれよ ものなど言えと願うたに

空しく冷えて魂は くにへ帰ったポケットに
時計ばかりがコチコチと 動いて居るも情なや

 
思えば去年船出して お国が見えずなった時
玄海灘に手を握り 名を名乗ったが始めにて
 
それより後は一本の 煙草も二人わけてのみ
ついた手紙も見せ合うて 身の上話くりかえし
 
肩を抱いては口ぐせに どうせ命はないものよ
死んだら骨を頼むぞと 言いかわしたる二人仲
 
思いもよらず我一人 不思議に命ながらえて
赤い夕日の満州に 友の塚穴掘ろうとは
 
くまなく晴れた月今宵 心しみじみ筆とって
友の最期をこまごまと 親御へ送るこの手紙

筆の運びはつたないが 行燈のかげで親達の
読まるる心おもいやり 思わずおとす一雫

「生死を共にした戦友が、撃たれたけれど、軍律から突撃しなければならない、
戦闘が終わって、探したら昨日まで元気だった、友は死んでいた、悲しいけれど、異国の地に埋葬として、でも亡くなった事をご家族に伝えなければと、泣きながら手紙を書く、軍歌ですかねこの歌も
大東亞戦争で、歌唱禁止になっています」

雪の進軍

永井建子 作詞作曲


雪の進軍 雪の進軍 氷を踏んで
何處(どこ)が河やら 道さへ知れず
馬は斃(たふ)れる 捨てゝもおけず
此處(こゝ)は何處(いづこ)ぞ 皆敵の國
儘(まゝ)よ大膽(胆) 一服やれば
頼み少なや 煙草が二本

燒かぬ乾物(ひもの)に 半煮え飯に
なまじ生命の ある其の内は
堪へ切れない 寒さの焚火
煙い筈だよ 生木が燻る
澁(渋)い顏して 功名談(ばなし)
粋(すい)と云ふのは 梅干し一つ

着のみ着のまゝ 氣樂な臥所(ふしど)
背嚢枕に 外套(がいとう)かぶりや
背なの温みで雪融けかかゝる
夜具の黍殻 シッポリ濡れて
結びかねたる 露營の夢を
月は冷たく顏覗きこむ

命捧げて 出てきた身ゆゑ
死ぬる覺悟で 突喊(とつかん)すれど
武運拙く 討ち死にせねば
義理に絡めた 恤兵眞緜(じゆつぺいまわた)
そろりそろりと 首締めかゝる
どうせ生かして 還さぬ積もり


「当時の日本の兵站の貧弱さ、苦労話、食事もまともにできない、寝ることもできない、これが軍歌ですか?
雪の進軍も、大東亞戦争時に歌唱禁止になっています」

↑このページのトップヘ