「まず、かつての陸上自衛隊少年工科学校」「残念在籍していらっしゃいません」

「確認がとれました」「一期上の方も知らない、同期の方も知らない」

「次に八戸駐屯地の高射特科」「残念同期の方に確認したら知らない」

「桜友会、残念名簿に記載無し」「同期会残念、同期の方に確認知らない」

「まあ偽自衛官とは言いません、まさかリーチが積もれるとは」

「せいぜい任期制の自衛官で途中で退官」

「いやー、まさかね、なんでそういうの?」

「陸上自衛隊少年工科学校卒、ドヤ」「在籍していません」

「防空ミサイル部隊にいました、ドヤ」「在籍していません」

「あと、日本共産党の入党歴、確認できました」

「まあ、陸上自衛隊の任期隊員でも、任期途中で退官」

「話は盛るものではないですね」「まあ、日本共産党さんの駒として、使い捨てにされるでしょうが、私の責任ではありませんから」

「もっともらしい話でも、私には通用しません、何度も書いたでしょう?自衛官であった事はないが関係者だって」

「コネクションから、徹底的に調べましたから、いやはや、偽自衛官でなくとも、経歴詐称」

「残念でしたね、追跡調査を延々する人間がいるとは思わなかったのでしょうが」

「では、ご機嫌よう」