蟹工船って、最後にはプロレタリアートが勝つんですよ?

それも、当時は労働争議が頻発していて、有名なのは、煙突スト、昔は高いところが煙突ぐらいしかありませんでしたから、煙突に立てこもって、ビラまいたり、労働歌歌ったり、警察も中々てが出せません。

ただ、蟹工船は脱法行為なんですよ、動く工場ですから、でも最後にはプロレタリアートの勝利で、しかも他の船にも波及、でプロレタリアートの敵、浅川という監督が首になるという話。

だいたい、戦前が真っ暗なわけがない、プロレタリア文学というものがあったのですから。

「種蒔く人」「戦旗」ちゃんと書店で売ってましたよ?

「無知」「無学」「無教養」の三拍子そろっていたらわからないでしょうね?

段々、労働争議って認められていたんですが?

逮捕されても微罪が多い、まあ小林多喜二氏は拷問で死にましたが、他のまだ非合法共産党の人は、ほとんど無傷、小畑リンチ査問で、宮本賢治氏は網走刑務所に送られましたが、太って帰ってきたのは有名な話。

網走は空襲がほとんどなく、囚人が農業していたので、看守よりいいもの食べてたりします。

ちなみにジャガイモが主食、本土で空襲にあっていた人よりカロリー高いので。

まあ、知っている人もすくにないのでしょうけど。