かなりスパルタ、最初から64式小銃は、渡されませんが、受け取る時きちんと、儀式みたいな事があります。
また、受け取った64式小銃は、一心同体、例え目隠しでも、分割、清掃、組立ができるまで、訓練を受けます。
また、陸上自衛隊少年工科学校では、真っ先に新型装備が、支給されます。
M1小銃やM1カービン、ましてや、トンプソン短機関銃、は二線装備ですしトンプソン短機関銃など、M-3通称グリースガン、などは「防空ミサイル部隊」という、架空の部隊には、配備されません。
また、「兵は凶器」軍事的な言葉を、避ける自衛隊では、使いません。
古代中国の言葉ですが、まるで、「私の考えた自衛隊」みたいに感じます。
高射特科○○地対空誘導弾ホーク中隊。

高射特科なのに、L-90とL-51の区別が、つかない?
世の中不思議ですね。