泥憲和先生とmixiで、代替エネルギーの話を、した時、石油ショックの時、当時の資源エネルギー庁が、サンシャイン計画、ムーンライト計画、で失敗した、焼き直しだと思い、色々会話したら、さすがに、泥憲和先生、小規模水力発電における水利権問題や、地熱発電での、国定公園や国立公園の問題、たしか温泉権の話もしましたっけ?
各代替エネルギーの、様々な問題点を、きちんと理解されていらっしゃいましたね。
電気は、直接貯められない、また安定した電力の問題。
風力でも、台風や低周波騒音、太陽パネルも日本の日照時間や、夜間の問題。
太陽熱発電は、失敗した話など色々ご存知で、驚きました。
水力発電が、水力ではなく重力であるなんて、普通わかりませんよ。
バイオマスと、食料問題、すべてご存知で、頭のよい方だと感心致しました。
でも、防空ミサイル部隊は、頂けません。
高射特科中隊地対空誘導弾ホークならわかるのに、人間違和感が、一番大事です。
違和感を、感じたら調べる。
それだけです、泥憲和先生に、どうこうではありません。
賛否両論に、説得力を持たせようと、うっかり言われた、言葉それが鍵でした。