古い統治システム、新しい統治システム、また後で説明します

明治維新と言っても、士族の乱が次々起こります
秋月の乱、萩の乱、神風連の乱
最後に明治十年、西南戦争が起こります

西洋列強の真似をして俄か徴兵制が、装備で優りながら
西南軍に局地戦で負けつづけます

士族という職業軍人に、俄か徴兵は役に立ちませんでした

薩摩示現流の裂帛の気合いから一撃必殺の切り込みに、俄か徴兵は怯え果ては銃を捨て逃げる兵まで出る始末

明治政府軍は攻めあぐねつづけました
そしてかつての士族出身者の警察官から抜刀隊を編成します
士族という職業軍人同士の戦い
明治政府軍は、抜刀隊を前線に後詰に徴兵の鉄砲隊

職業軍人同士前線で戦い凄まじい激戦の末なんとか明治政府軍は勝利を収め最後の内戦は終わりました

ちなみに抜刀隊は元会津藩出身者が多かったようです「カラ芋征伐」怨みを晴らしたのでしょう

泥憲和先生は元自衛官ですから
軍隊はシステムである事は、ご承知でしょう
様々な兵器は、単独では動かせません

だからシステム運用の為に志願兵が一種技術者として訓練を受けようやくシステムエンジニアに、なり防衛に備えます

すいません釈迦に説法でしたね