他の方のブログを引用しています抗議があればすぐ削除致します

まあ私の拙い解釈ですが、政治の延長が戦争とは?CommentsAdd Star

編集

外交という交渉がありますまあ話し合いです

しかし外交交渉を続けても解決できない

そうすると見解の相違から様々な形で衝突し始める

それでも解決できなければ戦争に突入する


かなり悲しい話です私も戦争なんか嫌です



小室直樹は、「平和とは均衡状態のこと」と説明している。CommentsAdd Star

編集

当たり前すぎて拍子抜けするのだが、実は多くの人が正しく理解していない非常に重要な指摘だ。

たぶん、駅前にいた9条信徒の中では”平和”の理解はこうだ。

「日本が平和を望んで、中国韓国も平和を望んでいること」

だから、中国韓国の意にそぐわない日本の対応にピリピリしている。

尖閣諸島は日本固有の領土」とか「竹島は戦後、韓国不法占拠した」などと指摘されると、非常にナーバスに

なる。

日本人が中韓に腹を立てたり、中韓がより反日的になることを恐れている。

なぜなら、そうすれば、必ず戦争になると信じているからだ。

だから、日本人に「中国を好きになれ、韓国を好きになれ、平和のためだ」と強要する。

だが、小室直樹はそれは違う(念力主義だ)という。

小室に言わせれば正しい平和の定義はこうだろう。

「日本と中国が、お互いに相手を攻撃する理由か実力がない状態」

平和とは、両国の事情でたまたまそうなっている不戦状態のことだと小室は説明している。

それはとてもよく分かる。

「相手を攻める理由もないし、負けるかもしれないから攻めない。相手もそうだったら、相手も攻めてこない。そ

れが平和だよ」

こう説明すれば、たぶん、小学生でも分かる。

だが、「日本の方だけが、相手を攻めるつもりがなくても、それは平和じゃないんだよ。相手次第なんだよ」

という当たり前の説明が理解できない人たちは、どうしても「平和=不戦状態」であるということを理解できない。

敵国同士が核兵器を持っていることが、こうも明確に不戦状態を作り出している事実を知りながら、目を背ける。

そんなのは平和じゃない。平和は優しいのだと。

そして、ひたすら念じる。

「平和!平和!平和!へいわぁぁぁぁぁ~!」と。

平和を願うのはいい。

だが、平和を実現しようとするならば、努力しなければならない。

平和への努力とは、平和と100万回叫ぶことではない。

なぜなら、中国には中国の事情があるのだ。

武力に訴えてでも、東・南シナ海を確保したい事情が。

平和と100万回唱えて、中国が攻めてこなくなるという幻想を抱いているとしたら、それはあまりにも中国に無関

心だし、中国をバカにしすぎている。

いま、中国は、一党独裁共産主義政権が、資本主義を導入したために、社会システムにひずみが出てしま

い、非常に大変だ。

だから、尖閣に触手を伸ばす。資源、権益が欲しいのだ。

一方で、急速なスピードで自衛隊に対抗できる軍事力も付けてきている。


中国と日本の間の不戦状態(=平和)をできるだけ長く続けるためにはどうすればよいのだろう。


日本が持つ資源や権益を欲する中国の欲望は止めることができない。


それはどこまで行っても中国の都合にすぎないからだ。


残すは軍事力のバランスが崩れ、中国に勝てると思わせないことだろう。


そのためには、アメリカはもちろん。東南アジア諸国とも強力な連携を保つことが大事だ。


そして、その間に中国暴走エンジンのガソリン・・・経済を細らせて体力を失わせれば、不戦状態は長く維持され

るだろう。


日本と中国の情勢を正しく理解し、均衡が崩れる場所を素早く手当てする努力が必要だ。


集団的自衛権は、保有すれども行使できず」という、どの国の憲法学者に説明しても首をひねられてきた珍妙


憲法解釈を見直し、世界基準で当たり前の憲法解釈に訂正する流れも、また必要な手当てなのだろう。


平和は優しくない。


平和は現実的で厳しい。


それは、非常に微妙なバランス・・・国家の駆け引きによってなんとか維持される。


そして、その駆け引きのおかげで、私たちは何事もない日常を送ることが出来ていることに、9条信徒は気付い

てくれないだろうか。


首相チャーチルが「平和主義者どもが戦争を起こした」と吐き捨てた気持ちが分かる、駅の光景だった。



訂正


加筆修正しました