心より追悼の意を表します故偽防空ミサイル部隊経歴謎解同スパイ?元男組全解連?民商?日本共産党員不可思議経歴突然マイクで演説が東京新聞一面仕込み疑惑偽自衛官泥憲和氏

泥憲和氏自称元自衛官元陸自防空ミサイル部隊という謎と泥憲和氏のしばき隊や男組神戸支部長という論理的矛盾経歴の謎部落解放同盟より民主商工会、日本共産党員という不可思議な経歴また突然マイクを借りて集団自衛権反対演説するという事が東京新聞の一面になる仕込みの疑惑など自称元陸自元自衛隊員泥憲和氏経歴の嘘疑惑と暴力集団しばき隊や男組所属問題の正体とTwitter発言や集団的自衛権について検索から探し最近は泥憲和先生は講演会も引っ張りだこ、でもなぜか経歴が良くわかりませんですから 泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本泥憲和 元陸自街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和 東京新聞一面泥憲和 飛び入り演説一面記事泥憲和 経歴泥憲和 嘘泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和 反日泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 平和泥憲和 69年の平和泥憲和 70年の平和泥憲和 平和泥憲和男組神戸支部長泥憲和先生の真実を検証する泥憲和自衛官 泥憲和元自衛官泥さん集団的自衛権集団的自衛権泥泥憲和経歴泥憲和wi泥憲和嘘 泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日たかが内閣差別撤廃 東京大行進 The March on Tokyo for 泥憲和悪性リンパ腫心配泥憲和時代や歴史とは何か泥憲和悪性リンパ腫心配泥憲和体調心配泥憲和体調心配泥憲和プロフィール謎泥憲和余命心配泥憲和嘘?泥憲和経歴謎泥憲和 泥憲和様泥憲和さん泥憲和氏どろのりかず泥憲和泥憲和様泥憲和さん泥憲和氏どろのりかず泥憲和プロ市民?泥憲和日本共産党?泥憲和左翼?泥憲和正体謎泥憲和本泥憲和反日?元自衛官泥憲和?泥憲和日本共産党?自衛官泥憲和?元陸自?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本泥さん集団的自衛権反対 泥憲和集団的自衛権泥憲和大阪民主新報泥憲和街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和見せかけの平和防空ミサイル部隊?泥憲和慰安婦泥憲和男組神戸支部長かもがわ出版泥憲和集団的自衛権泥憲和プロフィール謎泥憲和余命心配泥憲和嘘?泥憲和経歴謎泥憲和自衛官?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本自衛官泥憲和?元自衛官泥憲和?泥憲和プロ市民?泥憲和元自衛官?泥さん集団的自衛権集団的自衛権泥泥さん集団的自衛権泥憲和自衛官?泥憲和元自衛官?防空ミサイル部隊?泥憲泥憲和自衛官?和集団的自衛権泥さん集団的自衛権泥憲和日本共産党?泥憲和大阪民主新報かもがわ出版泥憲和本泥憲和経歴泥憲和経歴泥憲和wiki泥憲和嘘泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和男組神戸支部長泥憲和男組神戸支部長泥憲和wikiあざらしじいさん泥憲和(@ndoro19542566)泥憲和経歴謎泥憲和肩書謎泥憲和肩書疑惑泥憲和肩書泥憲和元陸自泥憲和謎泥憲和防空ミサイル部隊謎泥憲和経歴泥憲和嘘泥憲和慰安婦泥憲和余命泥憲和正体泥憲和男組神戸支部長泥憲和反日泥憲和元自衛官泥憲和左翼泥憲和wiki泥憲和2ch泥憲和元陸自M5175mm高射砲泥憲和かもがわ出版泥憲和しばき隊慰安婦泥憲和元自衛官いわゆる慰安婦泥憲和プロ市民時代の不幸泥憲和集団的自衛権MSN東京新聞 泥憲和-Bing安倍首相ら「日本」を取り戻せ! ! 泥憲和男組関西支部長男組神戸支部長泥憲和経歴泥憲和嘘? 泥憲和慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和正義の味方泥憲和 反日 泥憲和反差別運動泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和経歴泥憲和しばき隊泥憲和wiki泥憲和投票誘導?泥憲和正体泥憲和仕込み?泥憲和左翼泥憲和反日 泥憲和男組神戸支部長泥憲和余命心配泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和嘘泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和左翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和ebook 泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本泥憲和 元陸自泥憲和 69年の平和泥憲和 70年の平和泥憲和 平和泥憲和 平和泥憲和 集団的自衛権街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。東京新聞一面戦争法案反対泥憲和 東京新聞一面 集団的自衛権三要件泥憲和 飛び入り演説一面記事集団的自衛権集団的自衛権反対泥憲和 慰安婦泥憲和 元自衛官泥憲和 余命泥 憲和 左翼泥 憲和 正体泥 憲和wiki 元自衛官泥憲和泥憲和しばき隊泥憲和大阪民主新報泥憲和かもがわ出版東京新聞泥憲和泥憲和泥憲和正体元自衛官泥泥憲和左翼泥憲和経歴泥憲和反日泥憲和wiki 泥憲和余命泥憲和嘘泥憲和facebook泥憲和経歴泥憲和反日泥憲和wiki泥憲和余命 泥憲和嘘泥憲和facebook泥憲和正体泥憲和プロフィール泥憲和左翼 東京新聞元自衛官すごい説得力ー強烈な安倍首相批判=元自衛官泥憲和wiki泥憲和正体泥憲和翼泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本 泥憲和元陸自泥憲和経歴に関連する検索キーワード泥憲和wiki泥憲和左翼泥憲和正体泥憲和反日泥憲和余命泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和ブログ泥憲和本 泥憲和 元陸自街頭にて突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。泥憲和 東京新聞一面泥憲和 飛び入り演説一面記事泥 憲和 嘘泥憲和 経歴泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥憲和 反日泥 憲和 男組泥憲和 元自衛官泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 経歴泥 憲和 嘘泥憲和 慰安婦泥憲和 余命泥 憲和 正体泥 憲和 男組泥憲和 反日泥憲和 元自衛官泥憲和facebook泥憲和プロフィール泥憲和余命泥憲和反日泥憲和左翼泥憲和正体泥憲和wiki泥 憲和 wiki泥 憲和 左翼泥憲和 2ch泥憲和 元陸自泥憲和 かもがわ泥憲和 大阪民主新報泥憲和 しばき隊泥憲和 元自衛官泥 憲和 プロ市民泥憲和 集団的自衛権東京新聞 泥憲和泥憲和 経歴泥 憲和 経歴泥 憲和 嘘 泥 憲和 しばき隊泥 憲和 左翼泥 憲和 wiki泥憲和 元自衛官泥 憲和 正体泥憲和 反日泥 憲和 男組泥憲和 余命泥憲和 慰安婦泥憲和 氏に関連する検索キーワードなどから検証するブログです  

2015年09月

泥憲和先生

飛び入り演説が東京新聞一面記事になるというのも

けっこう不思議なことですね

「みなさん、閣議決定で集団的自衛権を認めてもですよ、
この国の主人公は内閣と違いますよ。
国民ですよ。
みなさんですよ。
憲法をねじ曲げる権限が、たかが内閣にあるはずないじゃないですか。
安倍さんは第一回目の時、病気で辞めましたよね。
体調不良や病気という個人のアクシデントでつぶれるのが内閣ですよ。
そんなところで勝手に決めたら日本の国がガラリと変わる、そんなことできません。」

国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する

第四十一条  国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

今、私の人脈をフル稼働させて、泥憲和先生の経歴調査をしています

違法ではありませんので、誤解なきように

防空ミサイル部隊、存在しない部隊にいらっしゃったとは不可思議

それも、ホーク地対空誘導弾は、部隊というより中隊でなければ運用できない

操作人員、移動人員、警護人員、再装填人員

ホーク地対空誘導弾は、運用システムにかなりの人員が必要

まあ、普通は軍事オタクなんぞは、差別の対象、しかし違和感を感じたら

人脈をフルに活用して調べる

まあ、ゆっくりお待ちください

L-90とL-51の区別もつかないとは不思議ですね

べつに泥憲和先生に、遺恨だの、怨みがあるのではありません

最初に防空ミサイル部隊という不可思議な発言に違和感を感じたので

調べているだけですので
存在しない部隊にいた
それが不思議なので、調べているだけです

Twitterでも自衛官である事は、証明できると、発言されていらっしゃいましたが

教育隊に一日でも居れば自衛官ですから

戦争がすぐ始まるわけがない、
泥憲和先生は元陸自ですから、
それはわかっていらっしゃると、
思うのですが。

「 初めまして。
 上の文章、読点や○が付いてなくて非常に読みにくいです。
 失礼ですが、あなた本当に日本人ですか?」
コメントありがとうございます
日本人ですが単に文才がなく国語の成績の悪かった馬鹿です

訂正

加筆修正しました

それの呪縛からようやく解放されたのは
技術力の進歩
空対艦誘導弾ASM-1
船を叩く上陸もさせない空対艦誘導弾は、海上自衛隊の様々な護衛艦にも搭載され
陸上発射、地対艦誘導弾も開発されました
潜水艦が、常時警戒し、いつか来るかも知れない、日本への侵略者を見張りつづける
残念ながら泥憲和先生は、自衛隊に一年未満しかいらっしゃらなかった、緊張感も責任感もなく、就職先に過ぎなかった、自衛隊
それなのにまるで、自衛隊代表がごとき振る舞い
現職自衛官はどう思われていらっしゃるのか?

自衛隊を忌引しながら、自衛隊を利用する

まあプロ市民らしくてほほえましい

汚れ役をあえて引き受ける方々には、無礼千万ですがね

ちなみに三ヶ月の教育隊に在籍していても
元自衛官ですから

陸上自衛隊の戦略が、凄まじく長期間、本土決戦の呪縛から逃れていなかったのは、ご存知かどうか?
ソ連戦車部隊を、北海道に上陸させ、待ち伏せでこれを撃つ
ジープに106ミリ無反動砲を搭載する
60式二連装106ミリ無反動砲まで開発する

61式戦車に至っては、本土決戦兵器4式中戦車の最終開発戦車

しかも、搭載砲と移動の関係から、ほぼギリギリの設計

すべて待ち伏せで撃つ生死の保障などない

わずか一年弱で退官されていらっしゃる泥憲和先生には無関係ですが

訂正

加筆修正しました

泥憲和先生は経歴に謎が多い
私は賛否両論あってしかるべきと考えるが、経歴不明の方が何か言うのはルール違反だと思います

だんだんおかしな話しになってきました

まず防空ミサイル部隊は存在しません
では陸上自衛隊高射特科のホーク地対空誘導弾中隊?
微妙に年月が合いませんあるところから、間接的に問い合わせをしています
泥憲和先生がどの師団でどこの駐屯地にいらっしゃったのか?
だんだん恐ろしい結末に近づいています

古い統治システム、新しい統治システム、また後で説明します

明治維新と言っても、士族の乱が次々起こります
秋月の乱、萩の乱、神風連の乱
最後に明治十年、西南戦争が起こります

西洋列強の真似をして俄か徴兵制が、装備で優りながら
西南軍に局地戦で負けつづけます

士族という職業軍人に、俄か徴兵は役に立ちませんでした

薩摩示現流の裂帛の気合いから一撃必殺の切り込みに、俄か徴兵は怯え果ては銃を捨て逃げる兵まで出る始末

明治政府軍は攻めあぐねつづけました
続きを読む

反差別運動でのご活躍よくわかります

しかしながら私達精神障害者への差別と偏見は、根深く凄まじいものです
反差別運動にはなぜ精神障害者は入っていないのですか?
見えないから?
知らないから?
地味で名前も売れないから?

泥憲和先生のお考えは、よくわかりませんが
私達精神障害者差別に対してお力をお願い申し上げます

なんだか天候不順ですね
お体に気をつけてよい一日でありますように

私だって平和は望んでいます
でも、日本の集権国とは領土問題を、抱えてます、ロシアとは千島、樺太、韓国及び朝鮮とは、竹島問題、中国及び中華民国とは尖閣諸島

ハーグの国際司法裁判所は、様々な理由で役に立ちません

それをなんとかしなければならない

クラウゼビッツの未完の大作、戦争論、かろうじてわかるのは、

戦争とは政治の延長である

頭悪いですが、政治には外交も含まれます
様々な外交問題があり、外交交渉を重ねても、解決できない、そこから戦争に突入してしまいます
悲劇です第二大戦後様々な、戦争回避の仕組みを考えられたものも残念ながら
ハーグ陸戦条約やジュネーブ条約、残念ながら
うまく機能していませんハーグ国際司法裁判所は、お互いの国に、出廷権限を持ちません
一部、条約で提訴されたら出廷しなければならない国もあります、日本国もそうです
国際刑事裁判所もまだうまく機能していません

いつになれば平和がくるのかまったくわかりません

地には平和を人には愛を


昭和43、44年で青森となると…やはりまだ青森に陸自SAM部隊はいないはず。
八戸の高射特科はまだ122特科大隊で、装備していたのは高射砲でした。
122特科大隊がSAM化されて第5高射特科群になるのは昭和48年です。

ネットで公開されている泥憲和先生の経歴
1954年兵庫県姫路市生まれ。1969年陸上自衛隊入隊。少年工科学校(現在の陸上自衛隊高等工科学校)を経てホーク地対空ミサイル部隊に所属。
中学卒業と同時に自衛隊に入隊し、ミサイル部隊要員として青森に配属される。本人曰く、思うところがあって除隊。ミサイル部隊のアメリカにおける発射訓練の前であった。

西暦1954年-昭和29年ー61才
西暦1969年-昭和44年少年工科学校入隊
西暦1972年-昭和47年少年工科学校卒業
西暦1973年-昭和48年部隊配属
西暦1974年-昭和49年除隊

合ってはいますが、当時ホーク地対空ミサイルは配備されたばかり
防空ミサイル部隊は存在しません
第5高射特科群ホーク地対空誘導弾部隊

配備されたばかりの装備部隊はかなりの倍率です
少年工科学校卒ならば優先的に採用されますが

しかしおかしなことに単純に計算すると
西暦1954年-昭和29年ー61才

そうすると早生まれかどうかをかんがえますと
西暦1973年-昭和48年第5高射特科群ホーク地対空誘導弾部隊配備

西暦1968年-昭和43年15歳少年工科学校入学もしくは
西暦1969年-昭和44年16歳少年工科学校入学
西暦1972年-昭和47年18歳卒業少年工科学校卒業もしくは
西暦1971年-昭和46年17歳卒業少年工科学校卒業
西暦1973年-昭和48年部隊配属もしくは
西暦1972年-昭和47年部隊配属
西暦1974年-昭和49年除隊もしくは
西暦1973年-昭和48年除隊

西暦1973年-昭和48年第5高射特科群ホーク地対空誘導弾部隊配備
微妙な問題ですがうまく計算が合いません
正直に泥憲和先生の経歴は謎が多いんです

泥憲和先生はM51 75mm高射砲を35mm2連装高射機関砲 L-90と混同されていらっしゃいます

一番高い可能性として推測するとM51 75mm高射砲部隊ではないのかと思いますが?

泥憲和先生のお返事をお待ち申上げます

↑このページのトップヘ